子どもの予防接種ってこんなにあるの!?予防接種の気になる疑問お答えします!

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

子どもが生まれると気になるのが予防接種ですよね。様々なウイルスから子どもを守ってくれる存在ですが、どんな種類があるのか?いくらくらいかかるのか?知らないことがたくさんあります。予防接種に関するさまざまな疑問についてお答えします!

子どもの予防接種っていつから始まるの?

パパたちが子どもの頃ももちろん予防接種はありましたよね。特にハンコ注射やインフルエンザの予防接種を小学校で受けたことを思い出す人が多いのではないでしょうか?

今は昔とは打ち方・時期・種類も大きく変わり、打てる種類も多くなったことで、予防接種は生後2ヶ月目からスタートするようになりました。できるだけ早く、確実な免疫をつけるためにも生後2ヶ月になったらすぐ始めるようにしましょう。

そもそも予防接種ってなに?

赤ちゃんは免疫力が低く、さまざまな感染症にかかりやすいと言われています。予防接種で防げる感染症のことをVPDVaccine Preventable Diseases)というのですが、そのVPDから子どもを守るための存在が予防接種です。

もちろんすべての病気に対して予防接種はありませんし、予防接種をしたからといって絶対に安心というわけではありません。ですが、VPDはいったん発症すると治療が難しく、命に係わる可能性もあるため、安全で確実性の高い予防接種が推奨されているのです。

どこで受けられるの?

子どもの予防接種は主に小児科で受けることができます。自治体独自の制度が関係する予防接種に関しては、市が定めた小児科でしか受けることができませんが、それ以外の予防接種であればワクチンの在庫さえあれば一般的な内科でも受けることができます。

予防接種には何度も通うことになるため、通いやすいかどうか、予約が取れるかどうかを視野にいれて病院を決めておきましょう。同じ病院でずっと打つ必要はありませんが、できるだけ同じ病院で打つ方が予防接種のスケジュール管理が行いやすくなります。

また予防接種は予約制となっているところが多く、混みあっている小児科であれば数週間~数か月後の予約となる場合があります。特に10月~3月のインフルエンザの予防接種の時期になると、2ヶ月先まで予約が取れないといったケースもあります。

赤ちゃんが生まれたら早めに1回目の予防接種の予約を取るようにしておきましょう。

定期接種と任意接種の違いって?

予防接種には、予防接種法によって予防接種の規則が定められている定期接種と、希望者が自己負担で受ける任意接種の二種類があります。

2つの予防接種のワクチン自体に大きな違いはなく、どちらもVPDを予防するために必要とされている予防接種です。任意接種は条件やデーターが揃っていないだけで、いずれ定期接種に以降する可能性は大いにあります。現にここ数年で任意から定期接種に移行した予防接種も多くあります。

任意接種だからといって受けなくてもいいというわけではないので、定期接種と同じように考えましょう。

いくらくらいかかるの?

定期接種の費用は、ほとんどのところが公費で受けられるため、自己負担がありません。つまり無料で受けることができます。赤ちゃんが生まれた後、自治体から配られる予診票・予約票といった専用の用紙に記載して予防接種を受けられます。

任意接種は、希望者のみが受ける予防接種となっていてほとんどが自費でうけることになります。乳幼児医療なども適応されず、実費になるため数千円~数万円になります。自治体によっては補助費用が下りるところも増えてきているので、お住まいの市町村に問い合わせるようにしましょう。

任意接種 料金の目安

ロタウイルスワクチン(2種類から選べる)

ロタリックス(1価) →1回12,000×2回接種

ロタテック(5価)  →1回8,000×3回接種

おたふくかぜワクチン

14,0008,000円前後×2回接種

単独接種と同時接種の違いって?

予防接種を受けるときは1回に1種類だけを打つ単独接種と、1回に何種類も打つ同時接種の2種類があります。単独接種は副反応の見極めがしやすいというメリットがありますが、スケジュールが組みづらいというデメリットがあるため、現在は同時接種が推奨されています。

子どもが1歳までに接種する主な予防接種の数は67種類で、何回か接種するものも数えると15回以上打つことになります。予防接種は毎日打てるものではなく、早くても1週間、種類によっては1ヶ月あけないと次の注射をうつことができないため11本の単独接種だと、必要な数を期間内に打てなくなってしまいます。

できるだけ素早く確実に免疫力をつけて、子どもをVPDから守るためにも、多くの医療機関で同時接種が推奨されているのです。

ただし同時接種に関しては、平成23年に同時接種後に赤ちゃんが亡くなるという事件があり、一時期接種がストップしたことがありました。ですが、その後の調べで同時接種は関係なかったと言う結論が出て、同時接種に危険性はないときちんと厚生労働省からの報告書も上がっています。

どうしても同時接種が不安という人は、単独接種を希望することもできますが、事件のニュースに惑わされず正しい情報で判断するようにしましょう。

小児用肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチンの安全性の評価結果について

平成23年3月24日

医薬品等安全対策部会安全対策調査会

子宮頸がん等ワクチン予防接種後副反応検討会

1 報告された7例の症例評価について

平成23年3月2日以降、小児用肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチンを含むワクチン同時接種後の乳幼児において7例の死亡例が報告されている。平成23年3月8日の合同会議以降報告された6・7例目の死亡例を含め、解剖所見、カルテ等から疾病の経過や疾病の重篤度について詳細な情報を入手し、改めてこれらについて評価を行った。

(1) 7例は0歳から2歳代の乳幼児で、基礎疾患を有するものが3例、基礎疾患が明確でないものが4例であった。

(2) 接種から死亡までの期間は、翌日死亡が3例、2日後死亡が1例、3日後死亡が2例、7日後が1例であった。

(3) 7例の死亡例の経過等の概要及び死因等についての専門家の評価は別紙のとおりである。

(4) 現在得られている各症例の経過や所見に基づいて評価したところ、報告された7例については、現段階の情報において、いずれもワクチン接種との直接的な明確な因果関係は認められないと考えられる。なお、例えば重い先天性の心疾患などの重篤な基礎疾患を有する患者は、その状態によっては、十分な注意が必要である。

<引用元

URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000167mx-img/2r985200000167oe.pdf

どんな種類があるの?

生まれてから最初の数年の間に受ける予防接種にはどんなものがあるのでしょうか?定期接種・任意接種それぞれを紹介していきます。

<定期接種一覧>

ワクチン名:ヒブワクチン

接種回数:初回3回・追加1

接種時期:生後2ヶ月~

予防できる感染症:ヒブ感染症(細菌性髄膜炎・喉頭蓋炎など)

ワクチン名:小児肺炎球菌ワクチン

接種回数:初回3回・追加1

接種時期:生後2ヶ月~

予防できる感染症:小児肺炎球菌感染症(細菌性髄膜炎・肺血症など)

ワクチン名:B型肝炎ワクチン

接種回数:初回2回・追加1

接種時期:生後2ヶ月

予防できる感染症:B型肝炎

ワクチン名:四種混合ワクチン

接種回数:初回3回・追加1

接種時期:生後3ヶ月~

予防できる感染症:ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ

ワクチン名:BCG

接種回数:1

接種時期:生後5ヵ月~

予防できる感染症:結核

ワクチン名:MR(麻疹・風疹混合)ワクチン

接種回数:2回(2回目は5歳~)

接種時期:1歳の誕生日がきたらすぐに

予防できる感染症:麻疹・風疹

ワクチン名:水痘(水疱瘡)ワクチン

接種回数:2

接種時期:1歳~11ヶ月~

予防できる感染症:水痘(水疱瘡)

ワクチン名:日本脳炎ワクチン

接種回数:初回2回・追加1回・9歳で1

接種時期:3歳~

予防できる感染症:日本脳炎

<任意接種一覧>

ワクチン名:ロタリックorロタテック

接種回数:ロタリック2orロタテック3

接種時期:生後2ヶ月~

予防できる感染症:感染性胃腸炎(ロタウイルス)

ワクチン名:おたふくかぜワクチン

接種回数:2

接種時期:1歳~

予防できる感染症:おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

ここで紹介した予防接種以外にも発展途上国に出かけたり、長期滞在予定があったりする場合には受けた方がいいワクチンなどもあります。また女の子の場合、中学生以降に受けるワクチンもあります。

これとは別に毎年必要となるのがインフルエンザの予防接種です。ここで紹介した予防接種は接種回数がありますが、インフルエンザは毎年流行する型が違うため、何回受ければ終わりというものではありません。必要に応じて接種するようにしましょう。

ママやパパも受けた方がいい注射があるってほんと?

主に乳幼児期に接種する予防接種ですが、大人になっても受けた方がいいものもあります。

1つ目は近年流行が話題となっている風疹の予防接種です。風疹自体はあまり怖い病気ではないのですが、まれに脳炎や血小板減少性紫斑病などの合併症を引き起こす場合があります。それ以上に怖いのが妊婦さんへの感染です。

妊娠20週までの妊婦が風疹に感染してしまうと、お腹の中の赤ちゃんが風疹ウイルスに感染してしまい、難聴・心疾患・白内障・精神運動発達遅滞など先天性風疹症候群になる恐れがあります。妊婦さんとその赤ちゃんを守るためにも、パパもしっかり予防接種を受けておきましょう。

またもう1つがインフルエンザです。子どもがインフルエンザにかかると大人よりも重症化しやすく、命にかかわる合併症を引き起こす場合もあります。家族や職場の人など周りへの感染を広げないためにも、予防接種を受けるようにしましょう。

予防接種の前後に気を付けることはあるの?

いざお子さんが予防接種を受けるとなったときに、パパが気を付けたほうがいいのはどんなことがあるのでしょうか?

体調管理に気をつけよう

1つ目は風邪をひかさないよう体調管理に気を配ることです。予防接種は発熱など、あきらかな体調不良がある場合は接種することができません。体調不良のときは免疫力が低下していて、普段と違うため予防接種による免疫が正しくつかない可能性があるためです。

予防接種は予約制となっているためスケジュール管理も難しいので、できるだけ風邪をひくことなく受けられるよう注意しましょう。

付き添いは周りをよく観察しよう

近年予防接種にパパやおばあちゃんなど、家族の付きそいのある家庭が増えました。注射で泣いてしまった赤ちゃんを抱いて、次の予約やお会計をするのは大変なので、付き添いの人がいると助かりますよね。

ですがそれと同時に待合室の椅子を1家族で占領する、ついてきてずっと携帯を触っているなどマナーに関するトラブルも多くなっているようです。付き添いをする際は周囲の様子にも気を配り、みんながスムーズに注射を受けられるよう気をつけましょう。

予防接種当日は激しい運動は控えしょう

予防接種を受けた後は、走ったり思い切り遊んだりするなど、激しい運動は避けるようにしましょう。そうはいってもついつい走ってしまうのが子どもなので、パパが上手に誘導して絵本やおもちゃなど静かに遊べる環境を作ってあげましょう。

お風呂は入ってOKだけどこすらない!

昔と違い今は予防接種の後でもお風呂に入っていいと言われています。ただし接種部位をゴシゴシこすってしまうと、翌日腫れてしまう場合があります。予防接種をした部分を擦らないように注意して入れてあげましょう。

夜泣きや様子の変化に注意

予防接種を受けたショックにより、夜泣きをしたりグズグズしやすくなったりする場合があります。大人でも辛いことがあった日は夢に見たりしてしまうのと一緒で、子どももショックを引きずってしまう場合があります。

また予防接種を受けるとまれに副反応といって、機嫌が悪くなる・接種部位が腫れる・熱が出るなどの症状が起きる場合もあります。ほとんどが2日~3日で自然と消えますが、そのような症状が出た場合は注射を受けた医療機関を受診するようにしましょう。

まとめ

子どもの予防接種に関する疑問は解消されたでしょうか?予防接種についてはさまざまな意見が飛び交いますが、子どもを感染症から守るためにできることはなにか、気になることは夫婦で相談したり、かかりつけ医に相談したりするようにしましょう。

赤ちゃんが生まれた最初の1年は予防接種の連続です。スケジュールを上手に組んで、できるだけ早く・確実に赤ちゃんに免疫をつけることを目指しましょう。

参考サイト

http://www.know-vpd.jp/index.php

http://www.wakuchin.net/index.html

http://www.niid.go.jp/niid/ja/rubellaqa.html

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000167mx-img/2r985200000167oe.pdf

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ