お洒落なデザインと機能性!ベビービョルンのハイチェアってどんな感じ?

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

可愛い我が子
寝てばかりの赤ちゃん期が過ぎてよく笑うようになり、夜泣き始まったり、離乳食が始まったり。
6か月ごろから12か月ごろまでは、楽しいことがある分大変だったりもします。

母親は自分の食事よりも赤ちゃんの食事のほうに手をかけたりするものです。

食事用のハイチェアの多くは、ベルトで固定できるようになっていますが、だんだんすり抜けができるようになったりベルトをするのを嫌がったりするようになります。
私の上の息子は、小食でせっかく作った離乳食を一口も食べなかったり。
ハイチェアからよく立ち上がったり、抜け出したりしていました。
立ち上がったりすると、せっかく作った食事をこぼしたりするのでイライラしてました。
無理やり座らせると泣いたり、絶対に口を開けなかったりと、散々でした。

そんな時一年先輩の、ママ友のところに遊びに行きました。
そこにあったのがベビービョルンのハイチェア。
お洒落なデザインと機能性を兼ね備えた、椅子でした。
そこで一目惚れしたのですが、かなりお値段が高め。
すぐに購入には至りませんでした。

https://babybjorn.jp/kitchen/high-chair

そんな中第二子を妊娠。

上の子の年齢は、一歳5か月でした。
つわりがひどく、自分の食事すらまともに取れず。
一日中、船酔いの様な不快感。
朝起きて、ああ今日も一日が始まってしまったっとげっそりしていたのを覚えています。
自分は食事がとれなくても子供には食べさせなくてはいけない。

上の子は相変らず食事に対して、意欲的でなく。
毎食一時間ほどかけてやっと食べ終わるような状況でした。

食事の途中で、椅子から降りたり、立ち上がったりとほんとに大変でした。
二人目を出産した後、今のようにつきっきりで食事の世話をできるだろうか?
そんなことを考えていたところ、思い出したのがベビービョルンのハイチェア。
二人目も絶対に使うものだからと、思い切って購入。
いろいろ調べて一番安かった、Amazonで購入しました。
なんでもっと早く購入しなかったのかと、買った早々悔やむような快適さ。便利さ。

椅子の背もたれはフラットなデザインでつなぎ目がなく、食べこぼしがあっても、さっとふける。
背もたれと座席の間に挟まったりしない。
付属のテーブル部分が上下してがっちりホールド。
絶対に立ち上がれないデザイン。
最強の育児グッズだと感動しました。

食事中は、途中でお茶を持ってきたり、フォーク持ってきたりとなにかと母親はウロウロするもの。
以前はひっくり返しそうな汁物を、子供から遠ざけて、立ち上がったりしていましたが、もうそんなことしなくても大丈夫。

椅子から抜け出したり、立ち上がったりすることは不可能なんですから。

Amazonでの購入金額は2万弱。
上の子がこれから一年使うとして、下の子供は3年つかう。
合計4年間使うとして、年間にかかる費用は5000円。
全然高くない。
毎日三回使うものだし。
めったに着ないお洒落着買うより絶対にいい買い物。

そして第二子出産。
赤ちゃんのお世話に追われる日々。
上の子は相変らず食事に一時間かかっていましたが、途中で赤ちゃんのお世話に行っても大丈夫でした。
そうこうするうちに、第二子も離乳食が始まりました。
はじめのうちは、食事の時間が異なるので、ハイチェア一脚を交互に使わせて対応していましたが、
上の子の様子を見る限りまだまだビョルンのハイチェアが必要。
思い切ってもう一つ購入しました。

結局上の子供は、幼稚園に入園して初めての夏まで使ったいたので、三歳半まで使っていました。
幼稚園での集団行動で食事中は座るということが分かったようです。
さて、不要になったビョルンのハイチェアをどうするか?

ヤフオクに出品しちゃいました。
落札価格15000円ほど。
やはり良いものは高く売れますね。
最後の最後まで役に立ってくれたビョルンのハイチェア。
最強の育児グッズでした。ありがとう。

https://babybjorn.jp/kitchen/high-chair

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ