パパも楽しくなる!プール代わりにも使えるベビーバス「マカロンバス」

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

赤ちゃんの沐浴や乳幼児のお風呂、水遊び用のプールとして使えるスイマーバのマカロンバスです。

http://swimava.jp/

生後6ヶ月を過ぎた頃、それまで使用していたベビーバスが小さくなり、浴槽にお湯をはらない我が家では、子供をお風呂につける方法に悩んでいました。ちょうど冬の時期でしたが、子供用にお湯をはるには浴槽は大きくて不安でした。しかし、体が冷えやすく風を引きやすい冬こそしっかりお湯につかって温まって欲しかったので悩んでいました。

そんなとき、SNSを通じてマカロンバスの存在を知りました。ママだけでなく、特にお風呂担当のパパから人気の育児グッズだったので、我が家もすぐに購入しました。トイザラスやベビー用品店、雑貨屋さんなどに置いてあるのを見かけましたが、楽天市場で購入しました。届いたときは、コンパクトで可愛い収納袋に入っており、とても可愛いです。専用の空気入れも付属されており、簡単に空気を入れる事が出来ますが、手動で入れるのがとても大変でした。マカロンバスの底部にも空気孔があり空気を入れられるので、クッション性に優れており、赤ちゃんのおしりにも優しい座り心地なので、浴室の固い床でも安心して使用できます。

ふかふかの柔らかい素材でサイズもちょうど良く、子供のお風呂にマカロンバスが大活躍でした。一番下のラインまでお湯をはると、子供がつかるのにちょうど良い水量です。約5リットル程度の水量なので、水道代の節約にもなります。本体の素材は塩化ビニル樹脂を使用しているため、子供がなめても安全な素材で生産されています。ベビー用品は使用できる期間が短いのが欠点ですが、マカロンバスは新生児の時期から2歳頃まで多種多様で長く使えるのも魅力の一つです。専用のケースがあり、空気を抜いて折りたためばとてもコンパクトに収納できるので、持ち運びにも便利でした。

我が家では、寒い冬の時期はお湯をはって子供のお風呂用に、暑い夏の時期は日中ベランダにおいて水をはり、子供用のプールとして使用しています。特にマンションのベランダは狭く、通常の子供用プールを置くには狭すぎるので、マカロンバスがちょうど良いサイズで、遊んだ後の水の処理や後片付けも簡単にできます。また、最初から大きなプールに入るのではなく、マカロンバスで水に慣れることが出来たので、今はプールや水遊びも怖がらずとても楽しんでくれています。夏の暑い時期は公園や外遊びがなかなか出来ないので、ベランダの日陰にマカロンバスを置いて遊ばせると昼間の育児が楽しくなりました。

子供をお風呂につける担当のパパも、マカロンバスで育児がとても楽になったようです。それまでは子供をお風呂にいれるために一度入り、子供を出してからもう一度お風呂に入っていましたが、マカロンバスを使うようになって、子供の髪の毛や体を洗ってから、マカロンバスに入れて遊ばせている間に自分も髪の毛や体を洗えるようで、時間の短縮にもなり手間が省けるので負担が少なくなったようです。浴槽にお湯をはると、子供から目が離せず、浴槽も広い為たくさんのお湯が必要だったり、子供にとっても危なかったりします。子供自身もマカロンバスだと楽しんでお風呂に入ってくれるようです。

生後半年の時期から、2歳になる今までずっと使用していますが、サイズ的にはまだまだ使えます。子供によっては2歳を過ぎるとキツく感じるかもしれません。我が家はマカロンバスをずっと使用しているため、カビが生えないように、毎日空気を入れた状態で昼間はベランダの日陰で干しています。ずっと空気を入れた状態のままですが、劣化などもなくとても綺麗に使用できています。お風呂用品などの衛生用品は、綺麗な状態で長く使う事が出来るのも魅力の一つです。

http://swimava.jp/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ