使ってみたらやっぱり便利!電動式の鼻吸い器ってこんな感じです!

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

赤ちゃんの鼻吸い器には、さまざまな方法のものが売られています。
主導のポンプ式のものや口で吸い出すものなどは、ドラッグストアでも手に入りやすく、価格もリーズナブルな商品のため、出産準備の際や、急に鼻水の量が増えた時などに購入される方が多いと思います。
電動の鼻吸い器はポンプ式のものや吸い出すタイプのものと比較すると価格も高くなり、はじめての子育てとなると、どれくらいの頻度で鼻吸い器が必要になるか見当もつかないので、電動の鼻吸い器は購入を見送る方がほとんどだと思います。

わたし自身もそうで、最初は口で吸い出すタイプのものを出産準備の際に購入し、それを1歳過ぎくらいまで使用していました。
わたしの子供はアレルギーもとくになく、鼻水は鼻風邪を引いたときに出る状態で、鼻吸いを使う頻度は一般的に普通くらいだと思います。わたしの子供は鼻を吸われることを極端に嫌う子で、嫌がり泣き暴れる子供の頭を抑えて必死に吸い出すのは本当に大変で、子供もわたしもストレスに感じていました。

そんなときにお友達のママから”エジソンすっきり鼻水吸引器パワフル電動吸引”を教えてもらいました。
そのママの子供もウチの子と同じで鼻吸いが嫌いで困っていたそうです。
1歳を過ぎると力も強くなってくるので、暴れるのを抑えながら鼻を吸うのは時間がかかってしまいます。
子供も余計に鼻吸いが嫌いになってしまい余計するのが難しくなってしまうんです。
吸うだけでも楽にできたらストレスも半減すると思い、少々値は張りますが思い切って購入したら便利で感動したという話でした。

そのことを聞き、さっそく我が家でも購入を検討。
まだまだ自分で鼻を噛めるまでには時間がかかるし、我が子を今まで1年育ててだいたいの鼻水量を把握し、下の子が出来たら再度使えると考えた結果、元は取れると考え購入を決めました。購入したのはアカチャンホンポです。

エジソンの鼻水吸引器

値段は電動鼻吸い器の中ではリーズナブルな5000円程度です。
使ってみた結果はそれはそれは便利で、何故もっと早くに手に入れなかったんだろうと後悔しました。
充電式でコードがないので使いやすく、暴れ泣かれても鼻の穴に入れば確実に吸い出してくれます。
耳鼻科に連れて行った際お医者さんが機械で吸い出してくれて助かった記憶があったのですが、わざわざ病院に出向かなくても、自宅でその処置ができる感覚です。
しかも充電式で大きさも携帯できるサイズなので持ち運び可能のため、使える場所が限定されません。
ポンプ式や口で吸い出すタイプのものよりも確実にしっかり吸い出せるので、口で吸い出すタイプのものを使用していた時は、一日中たびたび鼻を吸っていた記憶がありますが、電動の鼻吸い器になってからは、鼻を吸おうかなと思うまでの間隔がかなり空くようになった気がします。
鼻水が出ている時は夜寝ている際に、鼻水が溜まり、ゴホゴホと咳こんで起きてしまうことがたびたびありましたが、電動鼻吸い器で寝る前に一回鼻を吸ってあげるだけで、以前よりも起きてしまうことが減り、親子ともそういったストレスも解消されています。
軽い鼻風邪程度なら、自宅で数回鼻をしっかり吸い出して上げるだけで病院に行かずとも治ったりもするので、わざわざ病院に行って病気をもらってくるリスクの回避にもなります。
口で吸い出すタイプのものは、親が子供の風邪をもらってしまう可能性もあり、そのリスクも下がる利点もあります。

ほとんどの方は電動はいらないだろと思う商品部門かもしれませんが、実際使い出すと無くてはならないものとなりました。
“エジソンすっきり鼻水吸引器パワフル電動吸引”は使用方法に注意点があるので必ず使用方法を確認するようにしてください。
わたしは洗い方と使用する向きに間違いがあり吸いが悪くなって商品を交換して頂いたことがあります。
その際の対応も交換が持てたので自信を持ってオススメできる商品です。

 

エジソンの鼻水吸引器

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ