大人もついつい夢中に!シンプルな積み木WAKU-BLOCKとは?

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

初めての育児であると便利なグッズはいろいろありますが、ここではおすすめのおもちゃをご紹介します。
子どものおもちゃって、意外とどんなものを用意すればいいのか悩んでしまいますよね。できれば、いろんな遊び方ができて長く使えるものが理想的。
そんな素敵なおもちゃが、童具館のWAKU-BLOCKです。どのようなものかご紹介していきます。

http://www.dougukan.com/allproducts/block_product/wblock.htm

WAKU-BLOCKはシンプルな積み木

WAKU-BLOCKは、白木で作られた積み木です。無着色のため、木の色味をそのまま感じられます。そして、とてもシンプルです。
立方体だけがぎっしり箱に詰められているもの、長四角形のみのもの、三角形や円柱なども入っているものなど、種類は様々。特におすすめなのは立方体と長四角形が同数セットになっているものです。片づける際にもパズルのように遊べて楽しいですよ。シンプルですが、子どもの遊びを豊かにするために考えて作られた積み木なのです。

赤ちゃんが舐めても安心

WAKU‐BLOCKは無着色の白木なので、赤ちゃんが舐めたりしても大丈夫。長四角形の積み木なら、おもちゃをにぎれるくらいの時期から遊べます。最初はつかんで舐めて遊び、次に両手に持って打ち鳴らし、お座りができるようになったら積んで遊ぶように…と、成長に応じて遊び方も変わっていく様子が見られます。素材は安全なものですが、角がとがっているので、遊ぶときにはそばで見ていてあげて下さいね。

面取りがされていないからどんどん積める

一般的な積み木は、安全面を考慮して面取りがされています。ところが、WAKU-BLOCKは面取りがされていません。踏んだりぶつかったりするともちろん痛いので注意が必要ですが、面取りがないことで、より遊びを楽しめるのです。
積み木同士が吸い付くように積まれていくので、小さな赤ちゃんでも何個も積んで遊べます。普通、1歳代の子は3~4つが限界ですが、WAKU-BLOCKなら、少々ずれていても接している面が十分にあるので崩れないのです。簡単にたくさん積めるというだけで楽しいですよね。

イメージを膨らませて遊べる

そして、着色されていないシンプルな積み木なので、子どもが自分でイメージを膨らませながら遊ぶことができるというメリットもあります。どんなものにも見立てることができるので、遊び方は無限大。見立て遊びを始める2歳ごろには、車に見立てて「ブッブー」と走らせたり、電話に見立ててお話ししたりする子も多いみたいですよ。
さらに成長してごっこ遊びを楽しむようになったら、様々なものに見立ててどんどん遊びを発展させていきます。このように、WAKU-BLOCKは、子どもの想像力を引き出すようなおもちゃなのです。

大人もついつい夢中に

簡単に積めてイメージを膨らませて遊べるので、大人からも人気があります。WAKU-BLOCKをたくさん集めると、部屋中に街を作ったりすることもできますね。大人も夢中になって一緒に遊びたくなる魅力があるWAKU-BLOCKは、赤ちゃんの頃からずっと使い続けることができます。積み木を買うならぜひWAKU-BLOCKを。安くはありませんが一生モノなので、本当におすすめです。

WAKU-BLOCKはここで手に入れられる

WAKU-BLOCKは童具館のオンラインショップで購入することができます。童具館のHPを見ると、他にも魅力的なおもちゃが紹介されていますよ。
また、楽天やAmazonでも取り扱っていますし、デパートのおもちゃ売り場に置いてあることもあります。サイズは30㎜単位と45㎜単位のものから選べます。
赤ちゃんのうちから遊べるので、出産前に用意してもいいですし、お子さんの誕生日やクリスマスのプレゼントとしてもおすすめです。

http://www.dougukan.com/allproducts/block_product/wblock.htm

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ