首すわり前から使える!24ヶ月まで使えるアップリカのバスチェア

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

子供が生まれ、最初のうちはベビーバスなどで入浴をさせますが、生後1ヶ月が過ぎ、病院の先生からOKをもらうと、そこから一緒に入ることができます。
子供と入浴できる期間は小さいあいだだけの本当にわずかな期間です。
たくさんスキンシップをとって、親子の絆を深めたいところですが、一人で赤ちゃんと一緒に入浴するってすごく大変で手間がかかることなんです。

自分自身の体や髪を洗うさいにはどうしても赤ちゃんから手を離さなければなりません。
そんな時、昔は脱衣所にマットを敷いて赤ちゃんを寝かしておいたり、首が座ったら浴槽の中に浮き輪をいれてそこで赤ちゃんを待機させたりしてそれぞれの家庭で工夫して子供と一緒に入浴をしていました。
しかし脱衣所に寝かしておくのはちょっとの間でも目が届かなくなるので万が一が心配になりますし、脱衣所の室温も気になります。

浴槽に浮かべた浮き輪は転覆が怖いですし首が座る前の赤ちゃんには使うことができません。
一人で赤ちゃんを入れることを想定し、わたしが口コミや友人の話を聞いて購入した商品はアップリカのバスチェアでした。
この商品をわたしはインターネットで購入しました。

https://www.aprica.jp/b/pc/Search.html?mthd=06&SC=ACP&BC=HOMEP&ITEM=BATH&sort=1&SST=92&KW2=&KW=

リクライニング機能がついているので、首すわり前から使用することができるこのバスチェアは、我が家では新生児の時から大活躍していました。
我が家のベビーバスはこのバスチェアが浴槽に入ったので、このバスチェアに寝かせて入浴をさせることができました。
新生児の入浴にはできれば自分ともう一人の手が欲しいのですが、このバスチェアは十分一人分の役割を担ってくれていました。
寝かせている間は両手を自由に使うことができますし、背中などを洗い流してあげる際も片手で持ち上げるだけで体も安定しているのでとても簡単に洗い上げることができました。
はじめての子供で一人で新生児の入浴をするのは正直とても不安でしたが、このバスチェアのおかげで安心して入浴させることができたと思います。
1ヶ月たち、一緒の湯船に浸かれるようになった際、一緒に入浴してもわたし自身の身体は綺麗に洗うことができるのか謎でした。

実際はじめてみると、バスチェアでいい子にしていてくれたので、なんなく自分のことを済ませることができました。
少し成長したら、きっと降ろしてほしいと泣くだろうなと思っていましたが、このバスチェアにお座りして一人で付属のおもちゃやお風呂用に購入したおもちゃで遊んでくれていました。
機嫌よくわたしが洗い終わるのを待っていてくれるので、よく噂で聞くような、赤ちゃんと一緒に入ると自分はきっちり洗えないというようなことには一度もならなかったです。
我が家では一歳までの間をメインにこのバスチェアを使用して入浴をしました。
1歳まで使用してみて、子供が勝手に抜け出そうとしてもイスから抜け出てきたことはありません。
商品記載の使用可能月齢は24ヶ月までとなっていますが、こどもの身体の成長と共にさらに自力抜け出しは難しいと思うので、安全性も問題無いと思います。
パーツが取り外しできるので子供の乗せおろしも楽でした。

子供とのお風呂にストレスを感じなかったのは、このアップリカのバスチェアのおかげだったと思います。
このバスチェアがあればママだけではなくもちろんパパがお風呂に入れるさいにも役立つこと間違いなしでしょう。
パパが一人で入れてくれるど、その間ママは家事に集中できるし、つかの間の休憩もとることができるので本当に助かります。
子供の素肌に直接触れるものなので、商品を選ぶさい、清潔に保ちやすいものがいいと考えていたのですが、シートにつけるやわらかマットは取り外して天日干しできたので、カビの予防もでき、衛生的に保つことができたのも購入して良かったと思っているポイントです。

https://www.aprica.jp/b/pc/Search.html?mthd=06&SC=ACP&BC=HOMEP&ITEM=BATH&sort=1&SST=92&KW2=&KW=

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ