暴れる子供も夫婦の連係プレイで体温測定!おでこで測る体温計「NURSE ANGIE パピッとサーモmini」

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

子どもが風邪を引いた時、体温を測るのに苦労したことはありませんか?

熱が出ていると機嫌が悪いから、脇に体温計を入れようにも暴れて大変。
やっと挟めたと思ったのに、動いてエラー表示になったりしますよね。
うちの子の場合、高熱の時はぐったりとしておとなしいのですが、微熱だと機嫌が悪い!
床でゴロゴロ暴れ回るときもありました。

そこで便利なのがおでこで測る体温計「NURSE ANGIE パピッとサーモmini」です。
たったの1秒、おでこに近づけるだけで熱が測れるのです。
おでこに触れなくてもいいので、子どもも嫌がりません。
値段も3000円ぐらいでお手頃だと思います。

https://www.nurse-angie.jp/products/NIR-02.html

まず、電源ボタンを押します。
次に、おでこから1~3cmの位置でSCANボタンを押します。
ピピッと音がしたら検温完了です。
最短たったの1秒で検温できます。

注意点は、身体深部の温度により近い舌下温度が表示されることです。
脇の下で測る体温計よりも高く測定される傾向がありますので、予め本器で測定した平常時の体温を知ったうえで検温してください。

万が一、子どもが暴れて1秒もじっとしていられないなんて時は、ママとパパとの連携プレイをオススメします。
ママが抱っこして、パパがおでこにピッとすればいいだけ。とても簡単です。
もちろん、役割は反対でも構いません。

この体温計、楽天市場やamazon、ヤフーショッピングで購入できます。ネットショッピングだとポイントも貯めることができるからお得ですよね。
この「NURSE ANGIE」は医療機器を取り扱うブランドです。医療系のものと聞くと安心感があります。

熱が出たとき以外にも活躍します。
朝、保育園に行く前に体温を測らなければいけませんよね。
寝坊したり、朝食を遊びながら食べたり、着替えやオムツ替えを嫌がったりしているうちに「もうこんな時間?出掛ける時間!」なんてことありませんか?
そういうときにもとても便利。
体温計をおでこにさっと当てるだけでいいのですから。

早めに起こして準備していても、朝はどうしてもバタバタするものです。
パパが、子どものおでこにピッとして、「何度何分だったよ」と言うだけでママから感謝されると思いますよ。
私はとても助かっています。

この体温計がさらに便利なのは、体温以外の温度も測れるというところです。
ミルクや離乳食の温度も測れるのです。
料理好きのパパにはもってこいのアイテムですね。

ミルクの温度って重要ですよね。ひと肌といっても、哺乳瓶を触って適温を判断するのは経験が必要です。
少し熱いかな?少しぬるいかな?といったとき、ミルクの飲みが悪いことがあります。
子どもによるのかもしれませんが、うちの子は適温じゃないと少し残すことがありました。

子育て初心者のパパは、一日に何回ミルクをあげることができるのでしょうか。
ほとんどのパパは、ママよりは経験が少ないことでしょう。
それは仕方がありません。
哺乳瓶を触った温度が何度かわかると、繰り返すうちにだんだん感覚でわかるようになってきます。
男性は数字で見たほうがわかりやすいという方も多いのではないかと思います。

育休がとれるパパはまだ一握りだと思います。
疲れて仕事から帰ってきて、かわいい我が子のお世話をしたくても、遊びたくても、時間は限られているでしょう。
子どものためにミルクを作ったり、離乳食を作ったりして、それを食べさせる喜びを味わうことで、より子どもへの愛情が深まるのではないかと思います。

パパは授乳ができません。
だけど、ミルクをあげたり、離乳食をあげたりすることで、子どもとのコミュニケーションが密になると私は考えます。

子どもと遊べばイクメン、外出時に抱っこすればイクメンというのは間違っていると思います。
子どもの身の回りのお世話ができてこそ、子育てだと思います。

そして、育児に積極的に関わることでママとの仲も深まり、幸せな家庭が築けるのではないかと思います。

https://www.nurse-angie.jp/products/NIR-02.html

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ