寝かしつけがスムーズに!お風呂担当お父さんに役立つ「スイマーバ」

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

普段育児ではどのような役割を担っていますか?
オムツの交換やミルクや離乳食をあげたり、泣いた時にあやしてあげたりなど育児ではたくさんの役割がありますが、
お風呂はお父さんの担当!というご家庭も多いと思います。

今回はそんなお風呂担当お父さんに役立つオススメグッズを紹介します☆

商品名は「スイマーバ」
海外で開発された商品ですが、日本でも人気になり名前を聞いたことある方もいると思います。
最近は子供グッズを取り扱う量販店でも販売されているところを見かけることも多くなりました。
私は子供服販売店の雑貨コーナーでみつけ購入したのですが、トイザらスでも購入できますよ!

http://swimava.jp/howtoswimava/

どのようなものかというと、子供の首につける浮き輪なんです。
まだ立つことのできない赤ちゃんとのお風呂は大変ですよね。
もちろん、リビングで赤ちゃんがお風呂からあがってくるのを待つママがいて、
子供を抱っこして子供の体を洗い、終わったらリビングにいる妻に「終わったよー」と声をかけるから
湯船で子供に浮き輪なんて必要ないと思う方も多いかもしれません。

しかし、妻側の本音としては一日中子供の面倒を見て一人時間を持つことができない毎日で
唯一得られる貴重な一人の時間!もしかしたらその時間を使って夕飯の下ごしらえや夕飯後のお風呂であれば食器の片付けをしている奥様もいると思います。
「だったらお風呂をテキパキ済ませて家事を手伝った方がいいんじゃない?」と思うかもしれませんが私の経験から言って、たとえ家事であっても子供の都合で邪魔されることなくゆっくり家事をしたい!って思うんですよね。

もちろん赤ちゃんの体調もあるかと思うので長風呂ってわけにはいきませんが、
一緒にお風呂に入り赤ちゃんを洗って妻にその後のことは任せる。
そしてその後はゆっくり自分のお風呂・・ってなると、正直言って妻側としては育児協力してもらっている満足度は低いです・・(あくまで私の主観ですが)

で、この「スイマーバ」何がいいかっていうと、赤ちゃんの首に浮き輪を装着し、湯船に入れてあげると
赤ちゃんがお風呂の中で泳いでくれるので、その可愛い姿をみているだけであっという間に時間がすぎてしまいます!

赤ちゃんも慣れないうちは違和感に怖がって泣いたりしますが、2,3回で赤ちゃんも慣れてきらりしますよ。
うちの子も最初はギャン泣きしていましたが、うちはワンオペ育児だったので子供だけではなく自分の体を洗わなくてはならず
泣こうが構わずスイマーバ装着。頼むからお風呂でちょっと待っててねーって感じでした。

少し話がそれますが、ワンオペママの入浴、私も当時困ってたくさんの育児ブログを読みました。
脱衣所にタオルでくるんで寝かせておき、お風呂をあけながら入るとか、バンボに座らせておくとか試してみましたが
結局何しても泣かせることは避けられない・・
しかも私北海道なんですよ。子供を産んだのは9月。最初は沐浴を世間一般に比べ長めに活用してましたがサイズ的にも限界。
でもその時期って1月2月の話ですごく極寒な時期なわけですよ。
そんな中脱衣所に座らせておいたら、寒くて風邪引くわ!ってことで悩んで行き着いた先がスイマーバでした。

ワンオペ向きグッズとしての紹介みたいになってしまいましたが、決してそうではなく
赤ちゃんが慣れてお風呂で泳いでくれるようになるとちょうど良い運動量も得られて
その後の寝かしつけがスムーズにいくというメリットもあります。

せっかくの赤ちゃんとのスキンシップ時間。
可愛い赤ちゃんの泳ぐ姿にいやされながら
その後の入眠につながる運動をさせる大切な時間として、このスイマーバ取り入れてみるのはいかがですか?

楽しいお風呂時間のお役立ち品としてオススメです☆

http://swimava.jp/howtoswimava/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ