独自の特許でストロートレーニングをしっかりサポート!リッチェルベビーのアクリアってどんな感じ?

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

6か月くらいになると、「飲み物って何で飲ませようかしら?」と思う方も少なくないはず。そこで、スパウトが付いたものを購入して練習という手順を踏む方も少なくないはずですが、実はスパウトを使う期間は長くはありません。8カ月ぐらいになると、ストローで飲むことが出来るようになってくるからです。だったら、初めからストローでの飲み方を練習できたら、経済的にも楽だと思いませんか?
ストローの使い方を覚える事で、食べ物の唇の動かし方も覚えるとも言われています。
そこで、今回は「リッチェル コップでマグ ストロータイプ」を紹介します。

https://www.richell.co.jp/shop/baby/detail/41011

この商品は、6か月からストローの練習をコンセプトにつくられています。
商品の特徴としては、
・両手の持ち手付きのコップで、赤ちゃんでも持ちやすい
・フタはシリコーン製で密封性が高く、振り回してもこぼれにくい
・飲み方は柔らかいストローで安心
・部品が少なく、洗いやすいため、清潔を保てる
があります。

そして何と言っても、フタ部分に「PUSH」と書いてあり、そこを押すとストローから飲み物が出てくるようになっているのが、一番の特徴です。
ここがとても便利で、まだ吸う事ができない赤ちゃんにも、ストローから飲み物が出てくるという事を教える事ができます。
これを繰り返すと、自分で吸うという事も初めて、ストロー飲みを徐々に覚える事ができるんです。

この部分が、リッチェルだけの特許だそうですよ! 

ちなみに、ストローの練習をするのには、紙パック飲料を使う方法もあります。紙パックの胴体を押すと、出てくる原理を利用するんです。すぐに身につけばいいのですが、なかなか上達しないと紙パック飲料をどんどん購入して、どんどん無駄にしてしまう事に…。しかし、このマグなら、コップに飲み物を入れて蓋をすれば、紙パックと同じようになるので、家で麦茶を作って練習するということも出来ます。これもまた経済的です。むしろ、紙パックより過剰にストローから飲み物が出る事がないので、むせてしまうのも防げます。

ちなみに、フタの密閉性も高く、万が一赤ちゃんが投げても、きちっとフタをしてあれば、ほとんど漏れません。
急に何をするかわからない赤ちゃんだからこそ、引っくりかえす可能性が高いので、安心して使えます。

そして、上達して来たら、通常のストローマグとして使うことはもちろん、フタを外せば普通のコップとして使う事ができます。なので、成長しても長い間使う事ができます。両手の取って付きなので、安心して持たせられますね。

このマグは、フタと持ち手のカラーの組み合わせで、4種類のカラーから選べますが、トイザらス限定カラーや赤ちゃん本舗限定カラーもあるので、さらに多くの好きな色から選ぶ事ができます。赤ちゃんのイメージで選ぶか、ママの好きな色で選ぶか、好きな色を選ぶだけでもとても楽しく使えますよね!

部品の数が少なく、比較的洗いやすい部品ばかりですが、ストローが汚れて来たら、流石に不安ですよね?
しかし、ストローやパッキンは替えも販売しているので安心してください。
さらに、コップもフタも全て、煮沸でもレンジでも薬液でも消毒はできるので、衛生面でも安心して使えます。

購入場所は、西松屋や赤ちゃん本舗等の子ども用品専門店でも購入できますし、リッチェル公式サイトや楽天、トイザらスや赤ちゃん本舗の公式サイトでも購入すできます。
価格は1000円前後で購入できます。前述した通り、長期間使う事ができるものなので、そう考えるとリーズナブルだと思いませんか?

いろいろ特徴を挙げましたが、まとめると、衛生面でも価格面でも使い勝手もとにかく便利!という事です。
なかなか普段、子供の面倒を見る時間がないパパでも、たまの育児の機会にも簡単に使用できますよ!これを使って、ストロー飲みはパパが教えてあげるというのはいかがでしょうか?
パパの株がきっとあがる事でしょう!

https://www.richell.co.jp/shop/baby/detail/41011

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ