これならパパでもできる!キューブタイプのミルクで育児に参加しよう!

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

明治のほほえみらくらくキューブは、粉タイプのミルクではなく、固形のキューブタイプのミルクです。
手に入りやすく、インターネットでも、薬局でも手軽に買うことができます。

https://www.meiji.co.jp/baby/hohoemi/

子育てが始まると、基本的にはママがお世話をすることがほとんどですね。
でも、パパが休みの日に、ママがちょっとお出かけに行くなんてこともありませんか??

我が家では、出かけるときに、このミルクをつかって、とても助かっていました。
普段お仕事をしていて、なかなか育児に参加する時間がないパパにとって、
1人で子どもの面倒をみるのは大変なことです。
特に、うちでは、子どもが寝たあとにパパが帰ってくることが多かったので、
食事のシーンを見るのが少なく、オムツ替えなどに比べると、ミルクを作ったりする機会はとても少なかったです。

なので、パパにとっては、食事のことになる!と不安なことが多かったとおもいます。
そう感じているパパは、ほかにもいるかもしれませんね。

粉ミルクだと、どのくらいの量をあげたらいいのか、
スプーン何杯につき、水はどのくらい必要なんだろうか・・・
すりきり1杯ってこんなかんじでいいの?

などなど、急に心配事がふえてしまいますよね。

赤ちゃんはもうお腹を空かせているのに、悩んで作業も遅くなってしまいがちですよね。
普段から子育てに積極的なパパでも、1人でやるとなると戸惑うかもしれません。

でも、このキューブタイプのミルクは、キューブ1個に対する水の量が決まっているので、
パパでも間違えないで作ることができます。
わかりやすいので、作業に戸惑うこともなくてとても便利なんです!
朝、ママが出かけるときに、キューブ何個分を使うのかを聞いておくだけで、
簡単に&自信をもって作れます。

例えば、パパが赤ちゃんを連れて、実家に帰るときにも便利です。
おばあちゃんやおじいちゃんに伝えるときにも、
キューブを何個いれたらいいのかいえばいいだけです。

完全母乳じゃないおうちには、重宝するアイテムです。
これを使い始めてから、パパでも困ることが減って、安心して出かけることができたので、良かったです。

缶に入ってる粉ミルクは、意外と使用期限も速く、長期保存ができなかったりします。
期限内に使い切りたくても、赤ちゃんの飲む量はそれぞれなので、そんなに都合よくいきませんよね・・・。

キューブタイプであれば、1日に使う分くらいの量で梱包されているので、長期保存も可能です。

お出かけをするときにも、粉ミルクでは、ほかの入れ物に入れ替える必要がありますが、
これであれば、その必要もありません。
大きなものでもないので、場所もとらないですし、お出かけが好きなおうちにも安心です。

パパと2人でお出かけの時にもいいですね!
男の人は、大きな荷物をもって出かけるのがあまり好きじゃなかったりしますよね。
赤ちゃんに必要なものとは言え、大きいマザーズバッグは抵抗があるかもしれません。
かさばらないミルクであれば、少しは荷物もコンパクトにまとまります!

料金は、缶タイプの粉ミルクに比べると、少し割高かもしれません。
缶タイプは800gで2600円程なのに対して、キューブは100g400円です。
なので、毎回これを使うのは経済的に難しい場合もあります。

保存が長く効くので、お出かけ用・パパがミルクを作るよう・実家に預けるようなど、
用途をきめて、1箱家に常備しておくと便利です。

最近はパパの育児参加が当たり前・・・なんて言われてしまう時代ですね。
でも、毎日24時間赤ちゃんと一緒じゃないパパにとって、育児は難しい!
ママと喧嘩になることだってあります。

だから、パパが自信をもって使える育児アイテムを揃えて、
楽しく育児に参加できる工夫をたくさんしましょう!

https://www.meiji.co.jp/baby/hohoemi/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ