ハイハイ期のお風呂で大活躍!アップリカのリクライニング式バスチェアってどんな感じ?

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

乳幼児とお風呂に入るとき、洗い場で乳幼児を寝かせたり座らせておくバスチェアがあると便利です。アップリカのバスチェアはリクライニング式なので、首が座っていない/お座りできない乳児はリクライニングを倒して寝かせておけて、お座りができる幼児はリクライニングを立てて座られておけます。フロントガードが付いているため、歩行ができるようになっても簡単に抜け出すことはできず、安心です。

https://www.aprica.jp/b/pc/Product.html?mthd=07&PC=HAJBATHCHA&SC=ACP&SST=92&aid=&aid2=&aid3=

バスチェアに寝かせたり座らせた状態であれば、親は両手を使って乳幼児の身体を隅々まで洗うことができます。また、親が身体を洗う時、浴槽の中で待機させるのは安全面で心配ですが、バスチェアの中にいれば、親は安心して自分の身体洗いができます。
柔らかいマットが付いているので、身体が痛くなったり冷えたりする心配がありません。マットは取り外し可能で、使用後は洗って乾かしておけば清潔感をキープできます。フロントガードも取り外し可能なので、掃除の手入れが楽です。折りたたみ式なので、使用後はコンパクトに壁に立てかけておけるので、邪魔になりません。

購入は育児用品店やアップリカの公式サイトの他、楽天、amazon、育児用品店のオンラインショップなどで行うことができます。色々な場所で売られているので、価格調査すればお得に購入できると思います。店頭やオンラインショッピングにて他商品のバスチェアを見かけると思いますが、アップリカのバスチェアは他商品と比べてシンプルなデザインで使いやすく、リーズナブルな価格なので、親には好まれると思います。

アップリカのバスチェアを購入する前は、一人で乳児とお風呂に入る時はどうすればいいのだろうと悩み、必死にシミュレーションしていましたが、バスチェアの存在を知り、使用してみると、風呂前の着脱から風呂上りまで一人で落ち着いて行うことができ、悩みや心配が一気に解決しました。

使用後は折りたたんで壁に立てかけておけば他の家族が入浴する時に邪魔になりません。バスチェアが乾いたら、日中リビングに持ってきて、寝かせたり座らせたりもしました。下にタオルを敷けば身体に負担を掛けず、そのままお昼寝させることもできます。離乳食の時は座らせた状態で食べさせてあげました。プラスチック製なので汚れても拭き取るだけで大丈夫です。

ハイハイ時期は動き回るので大変ですが、親が手が離せない時やトイレに行きたい時など、バスチェアに座らせてフロントガードで固定して抜け出せないようにし、子供の安全を守りました。TVを観る時、TVの前まで移動してしまうことがありましたが、バスチェアに座らせてフロントガードで固定して、離れて観させることに成功しました。キッチンで料理をしている時、足元にまとわりついて来ることがありましたが、母の顔が見える位置にバスチェアを持ってきて座らせ、本や玩具を与えたら落着いて一人遊びを始めました。お風呂以外の場所でも随分活躍してくれて、大いに育児を助けてくれました。

とても役に立つ商品なので、親族や友人の出産祝いとして贈ることもありました。贈り物の重複を避けるため、「出産祝いは何がいい?」と質問すると、逆に「どんなものがあると便利?」と聞かれることが多く、その時は自信を持ってアップリカのバスチェアを勧めました。シンプルなデザインなのでインテリアの邪魔にならず、誰からも好まれると思います。

公式サイトには「使用期間は24か月くらいまで」と記載がありますが、息子には随分長い間使用してもらい、2歳後半位までお世話になったと思います。身体が大きくなり窮屈そうになったら、甥っ子に譲りました。お風呂やリビングで重宝し、大活躍してくれたと言っていました。

https://www.aprica.jp/b/pc/Product.html?mthd=07&PC=HAJBATHCHA&SC=ACP&SST=92&aid=&aid2=&aid3=

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ