子連れで空の旅♪機内でのお役立ちアイテム&座席指定のコツ

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

「ウチの子、初めての飛行機だけど大丈夫かしら?」

「機内で困ったことがあったらどうしよう?」

そんな子連れでの飛行機利用が不安な方のために、安心して過ごせるよう機内でのお役立ちアイテムや座席指定のコツをまとめてみました。

不安の多い飛行機での移動が少しでも快適になれるように参考にして頂ければと思います。

飛行機に乗る前にこれだけは済ませておこう!

子ども連れでの移動はけっこう大変!ましてや完全密室の飛行機ともなると「お願いだからいい子にしてて~!」と神に祈る気持ちにもなります。

いざという時に慌てないためには、やはり事前の準備が大切ですね。

まずは飛行機に乗る前に、以下のことを済ませておきましょう。

キッズスペースで十分に体を動かしておく。

飛行機に乗る前に体を動かしておくと、機内では疲れて眠くなることも。座りっぱなしの機内ではジッとしておくことが子どもにとっては苦痛となりますので、十分に体を動かしておくといいでしょう。動と静の組み合わせはお子さんにとってもストレス軽減になります。

食事を済ませておく。(機内持ち込みの場合には購入しておく)

離陸直後や着陸態勢に入ると飲食ができなくなります。お腹が空くとグズりやすくなるので食事を済ませておくといいですね。機内での軽食やお菓子などの飲食物は、検査場を通過した後に購入するのがオススメ。

トイレを済ませておく。

離陸直後や着陸態勢に入るとシートベルト着用サインが点灯します。急なトイレに慌てないよう、事前にトイレを済ませておきましょう。

子ども連れでも安心♪機内でのお役立ちアイテムはコレだ!

できるだけ荷物は減らしたい気持ちもありますが、子ども用の荷物を全て預けるのはNG

機内での時間つぶしや気分が紛れるものはバッグを別にして機内持ち込みが安心です。

ベルト着用サインが点灯中は荷物の上げ下ろしができなくなります。そのため、子ども用品は座席上部の棚には入れず、すぐに取り出せるように前の座席下に置いておきましょう。

・筆記用具、ぬりえ、落書き帳、折り紙、雑誌など

・音の出ないおもちゃやお気に入りのぬいぐるみなど

・飴玉やグミ、飲み物など(離着陸時は気圧の変化で耳が痛くなるので対策として)

・ウェットティッシュ(手拭きや食べこぼし用)やビニール袋(お菓子のゴミを入れる)

おる程度大きくなったお子さんには、自分用のリュックを持たせるといいですね。機内での過ごし方についてもあらかじめ話して聞かせるのも効果があります。

抱っこで乗る赤ちゃんの場合、以下のものがあると安心です。

・ミルクセット(機内では哺乳瓶とミルクがあれば、調乳してもらうことが可能です)

・ひざ掛け・ブランケット(機内での貸し出しあり)

・おむつセット(機内でも紙おむつMLサイズの用意あり)

・絵本やおもちゃ(機内での絵本の貸し出しやおもちゃのサービスあり)

離着陸時は気圧の変化で耳が痛くなることがあります。鼻が詰まっていると耳も詰まりやすくなるので、ミルクや麦茶などで耳抜きの対策をとってあげましょう。

ブランケットがあると寒い時はもちろんのこと、おむつ替え時の敷物として使うことができます。授乳ケープとしても使える大きめサイズが◎。

子ども連れでも安心♪座席指定のコツはコレだ!

子どもに見せてあげたい景色の一つが窓から見える景色。

空の上から見下ろした町や海、雲の景色は飛行機ならではですよね。

チケット購入と同時に座席指定ができますので、翼にかかる窓側席を避けて予約しておくといいでしょう。搭乗前までにトイレを済ませておくことをお忘れなく。

赤ちゃんがいる場合、飛行機によってはおむつ台のあるトイレが設置されています。

トイレの位置を確認し、トイレに近い通路側を選ぶと安心です。

また、飛行機によってはバシネット(ベビーベット)を取りつけることができる席があります。長時間の抱っこがツライ場合には利用してみてはいかがでしょうか。(年齢や体重の制限あり。要事前予約)

赤ちゃんが泣いてしまった場合には、機内のギャレーに移動しましょう。CAさんが食事やドリンクを準備する場所ですが、空いている場合には入っても大丈夫です。

ベルト着用サインが消えている時には機内を散歩するのもオススメです。ちょっとした気分転換になりますよ。

子ども連れでも安心♪飛行機の搭乗時や機内サービスを知っていると◎

各航空会社では、子ども連れの方でも安心して快適に空の旅が送れるようにさまざまなサービスを提供しています。公式サイトで事前に確認しておくと安心ですね。

・ベビーカーの貸し出し、電動カートサービス(航空会社による、エリアの指定あり)

・優先搭乗案内(事前改札サービス)ゆとりをもって行動しましょう。

・機内での赤ちゃん専用毛布・おもちゃ・絵本の貸し出し

・機内でのミルクの調乳

困った時には、グランドスタッフ(空港内)やキャビンアテンダント(機内)に相談することをオススメします。快適な空の旅が送れますように。

ANA 小さなお子様連れのお客様(国内線)

https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/domestic/support/family/

JALベビーおでかけサポート

https://www.jal.co.jp/dom/support/smilesupport/baby.html

スカイマーク お子様連れのお客様

http://www.skymark.co.jp/ja/support/assist.html

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ