名前、それは我が子の一生の宝物

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

世界で一番可愛い存在、それは自分の子供。
そんな可愛い我が子のこれからの人生に、少なからず影響を及ぼすのは何をおいても
その子供の「名前」です。
苗字はその子が生まれる前から余程の事がない限り決定していますし、女の子であれば(男の子であっても)将来結婚をし、別の名に変わることもあるでしょう。
ですが、下の名前だけは、恐らく一生涯変わることはありません。
親としては、なるべく素敵な名前をつけてあげたい。可愛い我が子がたくさんの人にその名前で呼ばれ、親しまれ、すくすくと育つ未来を想像すると、わくわくしませんか?
この記事では、私の愛娘に無事名前がつくまでの体験談をご紹介します。

日本人なら真っ先に気になる「姓名判断問題」

古来より、日本には漢字が存在し、漢字によって画数が決まっています。
他に日本独自の文化としてひらがながあり、そのどちらも名前に用いる事ができます。
また、新字体や旧字体等、同じ文字でも画数が異なる場合があります。
この画数の組み合わせ方によって子供の運勢を決める占い、それが「姓名判断」です。
姓名判断とは、姓名の画数に応じ、人生の総合運からかかりやすい病気、結婚運、金運などまで、人生に起こりうる事柄をまるでおみくじのように大吉・吉・凶などで表す占いのことです。
今は専用のHPが星の数ほどあり、候補の姓名をフォームで入力するだけで簡単に結果を知る事ができます。
ネットがこれほど普及していない世代の親御さんは、書店で専門書を何種も買い揃え、読み比べ、画数を計算しああでもないこうでもないと夜を徹して模索をしていたそうですから、便利な時代にはなりましたね。
ただ、この姓名判断は不思議なもので、全く同じ名前、画数でも占い師によって評価が180°変わります。
Aというサイトでは順風満帆、家族に恵まれ最高の人生とされた名前が、Bというサイトでは不運続きで大成せず、悲惨な人生を送る、となり、親御さんは混乱必至です。
良かれとつけた名前が偶々大凶であったとして、可愛い我が子に万が一将来不幸があった場合、この名前にしなければ良かった、と自身を責め立てるのは不毛です。
そのため、私の場合は早々に姓名診断のHPを閉じ、自分で良いと思った名前を素直につけました。
主観ですが、占いはあくまで参考程度に、鵜呑みにしすぎない方が良いかと思います。

迷ったときは、その名前を声に出して呼びかけてみる。

占いの是非は置いておいても、やはり我が子にとっては一生ものの大事な名前。
学校でお友達に呼ばれるとき、持ち物に名前を書くとき、就職して面接官に自己紹介をするとき等、名前は様々なシチュエーションで登場します。
なるべく親しみ易く、かつ覚えてもらえるように個性的で、そして面接官に堂々と胸を張って言える印象的な名前…理想を挙げ出したらキリがありません。
一つ挙げては一つ消し、を繰り返し、なかなかこれ、と決められずにいました。
そこで、実際に候補の上から順番に、名前を声に出して呼びかけてみました。
まだまだ猫の子同然の赤ん坊の為、言葉の意味を理解できるわけがないのですが、候補のうちのひとつに、確かに笑ってくれました。意味は解らなくても、彼女がこの名前がいい、と思ってくれたのです。
名前は確かにその子の一生に関わる大事なものですが、行きづまったらぜひ想像してみて下さい。
我が子がその名前を名乗る時、どんな顔をしているか。呼ばれたとき、どんな顔でお返事するか。
もしその時笑っていてくれていたら、親としてこれ以上嬉しいことはありません。
そんな毎日の積み重ねで、その子の人生はやがて豊かで幸せなものに変わっていってくれると信じています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ