決め手は読みやすさ・呼びやすさ!子どもに名前をつけた時に考えたこと

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

子どもの名前って、考えれば考えるほど悩むものです。だって、その子は自分で選べるわけではないのですから。
よく、名前は親からの最初のプレゼントという言い方をしますが、私は責任でもあると思います。
では、我が子の名前の付け方や、考えたことについてご紹介していきます。

古風な名前

これは人それぞれな考え方ですが、現代風の名前は他の子と被ることが多く、だからと言ってあまりに変わった珍しい名前も嫌でした。
そこで、昭和によくいた名前、子どもというよりは自分たちと同世代もしくは年上にいそうな名前をあえて選ぶことにしたのです。
一人目は男の子だったので、漢字二文字で読みは四文字の名前を付けました。

親の名前に関連させる

一人目の妊娠中に、名前の候補を考えていたのですが、男の子だったら夫(子どもの父親)の名前から一文字とって名付けることにしました。
それは、長男だからというのもありますが、父親の優しい性格を受け継いでほしいという願いも込めています。
そこで夫の一文字に合う漢字や響きを組み合わせながら候補を出しました。
ちなみに生まれたのは男の子だったのですが、もし女の子だったら自分(子どもの母親)の名前に関連づけて、植物系の名前で候補を考えていました。

どんな顔の赤ちゃんにも合うような名前

出産まで赤ちゃんの性別はお楽しみにしていたので、お腹の中にいるうちに男女とも一つずつ名前を決めました。
一人目は男の子、二人目は女の子でしたが、二人目の名前はまた新たに考えました。
一人目は男女ともわりとすぐに決まりましたが、二人目はかなり悩みました。
結局考えた候補は、どれもいい意味で平凡。素敵過ぎないカッコ良すぎない、どんな子が生まれても似合うような名前です。

名字との兼ね合い

子どもの名前を考える時に、忘れてはならないのが名字とのバランスです。
漢字で書いた時にくどすぎたりスカスカだったりしないか。声に出した時に呼びづらくないか。
結婚したら名字が変わるかもしれないけど、名字と名前のセットは結構長い間使うものです。特に我々の名字は三文字なので、自然と名前は漢字二文字か一文字で考えました。

季節を感じる名前

二人目の名前を考える時に、女の子だったら季節に合う名前にしたいという思いがありました。それは、一人目の時には考えていなかったこと。
名前の決め方はきょうだいで一貫しているのも素敵ですが、その時に感じたことや考えたことを元に決めるのもいいのではないかと思います。
二人目は秋生まれだったので、一人目の時から希望していた植物もからめて、秋の植物ということから考えて決めました。
いろいろ考えているときに、ふと気に入った名前を思いつき、候補も他にはなく、生まれたのが女の子だったのでそのまま命名しました。

決め手は読みやすさ・呼びやすさ

男の子と女の子に命名しましたが、いずれも妊娠中に男女各一つずつの名前を考えたので、結局四つの名前を用意しました。
特に悩んだのは二人目の男の子用の名前です。結局女の子が生まれたので使うことはなかったのですが、最終的な決め手は呼びやすさにあったと思います。
赤ちゃんや幼児時代は「○○ちゃん」と名前のはじめの部分を呼ぶことを想定して、とっさに呼びやすいかどうか考えて決めました。

姓名判断もチェック

姓名判断については賛否両論ありますが、我々は一応チェックしました。命名したあとに不幸な名前ということを知るのが嫌だったからです。
せめて凶を避けられればそれでいいということで、候補をすべてチェックして、大丈夫な名前から選ぶことにしました。

子どもに合っていて子どもが好きになってくれれば

我々がつけた名前は、読みやすくて他の子と被りにくく、子どもに合っていると感じています。親としてはとても気に入っています。
これから成長していく中で、どんな場でも恥ずかしくない、いい名前と言えます。あとは、子ども自身が気に入ってくれればいいですね。
赤ちゃんの命名は、子ども時代だけでなく、その子が大人になってからのことも想像しながら、よく考えて決めるといいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ