画数?それとも感覚?赤ちゃんの名前を決める時に重視したこと

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

赤ちゃんの名前はいざ決めようとすると迷うことになりました。しかしながら一生使う名前です。いろいろな決め方もあるし、流行の名前はどんな風なんだろうとか、どんな漢字を使ったらよいか、など考えました。インターネットで調べたり、本を買って読んだりもしました。自分たちで呼びやすい名前が良いということや、夫婦で相談して最終的には決定することができました。

妻の名前は画数重視

名前を実際に決めるとき、やはり画数を気にしたり、神社で名前の漢字をもらった、など、何か他のものに頼るということが考えられます。画数はこれが良いとか、この漢字を使わないといけないなど、たくさん決め事がある中で決める方法です。その方法を信じて、それに従うのですが、実際つけられた私は、その名前をあまり好きではありません。たくさんの決め事の中から決めているのに、使っている本人があまり好きでないということはあまりよくないな、と思いました。つけられた名前を本人がどう思うかはこれからわかることですが、良くなるためのことをしているのに、名前が好きでないという状態は避けたいと思いました。

夫の名前は感覚重視

夫の名前は芸能人からもらっていて、夫の家族がその名前にしようと決めたものです。その芸能人の方は現在も活躍されていて、イメージの良い方です。夫は自分の名前を好きでも嫌いでもないようですが、嫌だとは思っていないようです。夫の家族がその芸能人を好きで、そのままその名前をいただいた格好ですが、良い名前だと思います。複雑でもなく、呼びやすい名前ですので親しみ安く感じる名前です。

候補を出し合う

名前を決めるとき自分の名前について思ったことを話し合った結果、私たち夫婦は感覚重視でつけたい名前を付けようということにしました。しかし、もし男児だったら夫の名前、女児だったら妻の名前の漢字を一文字取るということにしました。少しずつ隙間時間でつけたい名前の候補を出していって、いくつか候補をだして、相談していきました。いくつか紙に書き、実際に苗字と合わせて書いたらどんな感じになるか、漢字の感じはよいのか、パソコンで打ったら変換はすぐにできるのか、などを調べていきました。

いくつかある中での決め手

夫婦でたくさんの名前を出しましたが、これにしよう、という名前で二人の意見が一致して決定しました。私が昔から気になっていた名前に夫が賛同した形です。しかしながら、夫にもその名前が気に入る理由が他にあり、二人が一致した形になります。決めるまでは意外に早かったです。漢字が難しい読めない名前もありますが、私たち夫婦はそれはつけないようにしました。年齢を重ねてからもずっと使い続けるのが名前ですので、今が良くても将来どう感じるかわかりません。読みやすい名前が一番だと思っています。性別は検診で大体予想がついているものですが、念のために男児が生まれても女児が生まれても良いように、名前は決めてありました。

出産準備をしている間に名前を決めることも大切なことです。妻は妊娠すると体調がどんどん変化していきます。最初はつわりで苦しみ、慣れて来たらお腹が大きくて行動することが難しくなってきます。栄養面にも気を付けて、赤ちゃんに影響するため、薬なども飲めないような生活がずっと続きます。妊娠中体調がすぐれなくて入院したり、早めの出産のために入院する人もいます。その中で赤ちゃん用品を買ったり、ベッドを準備したりします。あまり余裕がなくなる前に、名前はよく相談して決めたほうが良いです。昔からつけてみたかった名前は意外に誰もが持っているものだと思うし、それぞれがくいがないように、案を出して話し合ったほうが良いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ