どうやっても泣き止まない赤ちゃん!屈伸運動で泣き止む!?

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

赤ちゃんがどうやっても泣き止まないとき、あなたはどうしていますか。
おむつが濡れているわけでもない、ミルクを飲んでお腹もいっぱいなはず、それなのになんで泣いているの?というときが、育児をしていると何回もあるでしょう。
そんなときに赤ちゃんを泣き止ませるために試してほしいのが、「抱っこをしながらの屈伸運動」です。

やり方と注意点

まず、赤ちゃんを抱っこします。縦抱っこでも横向き抱っこでも、その赤ちゃんがすきな方でかまいません。
首すわり(4か月頃)以降の赤ちゃんは縦抱っこを好む傾向があります。
そして、膝を軽く曲げ伸ばしします。
屈伸とは書いていますが、そんなに激しくしなくても大丈夫です。
このとき、赤ちゃんの首がぐらぐら揺れてしまわないように注意しましょう。
また、抱っこしている方にも、負担がかからない程度の膝の角度を意識してください。

たったのこれだけで、赤ちゃんが少しずつ泣き止んてくれます、楽しくなって笑顔になることもあるでしょうし、眠い時にはそのまま寝てくれるはずですよ。

どうして屈伸が効果的なの?

赤ちゃんは、本能的に、揺れると眠るという性質があります。
皆さんは、抱っこしたまましばらく歩いていると、赤ちゃんが眠ってしまった経験はありませんか。
これは、「敵から追いかけられて逃げているときに、泣いてしまうと敵に見つかるから」だと言われています。
抱っこしながら屈伸運動をすることで、歩いているときと似ている振動が赤ちゃんに伝わるため、赤ちゃんが泣き止んでくれるというわけです。
屈伸運動をするだけであれば、歩くほど場所もとりませんし、疲れないので、おすすめです。

ほかにはどのようなことが効果的?

実は、屈伸運動以外にも、いろいろな抱っこを試してみました。
抱っこして腰をひねってみたり、抱っこしながら歌ってみたり。

しかし、それらはいずれも屈伸運動ほどの効果はありませんでした。
赤ちゃんによっても異なりますが、おそらく縦向きに揺れるほうが、より歩いているときの振動に近いのだと思います。

なんで泣いているかを考えてあげましょう

親からみていると、理由もなく泣いているように見えるときでも、赤ちゃんは何か理由があって泣いています。
部屋の温度は適温ですか、汗をかいていたり、くしゃみをしていたりしませんか。
また、パパやママの「早く泣き止んでほしい」という焦りの気持ちは赤ちゃんに伝わってしまいます。
赤ちゃんに泣き止んでもらいたい場合には、穏やかな気持ちであやしてあげるようにしましょう。

また、病気できついときにも赤ちゃんは泣きます。
熱がなくても、何か体に不調があるのかもしれません。

屈伸運動を試してみても、まったく泣き止まないというときには、体調面も心配してあげてくださいね。

育児も経験を積んでいくと、赤ちゃんがなぜ泣いているのか、少しずつわかるようになるでしょう。

屈伸運動はとても効果あり!赤ちゃんが泣き止まないというときは、ぜひ試してみて!

今回は、泣いている赤ちゃんを泣き止ませる方法として、抱っこをしながらの屈伸運動をご紹介しましたが、いかがでしたか。
赤ちゃんの泣いている理由はさまざまですが、抱っこしてほしいというときや、眠たくて泣いているときには、非常に効果が高い方法となっています。

抱っこしている人にとっても、赤ちゃんを抱っこしながらの屈伸運動は適度な運動になります。
ダイエット効果も期待できますし、運動不足の解消にもなり一石二鳥ですよね。

赤ちゃんがどうしても泣き止まないというときには、抱っこしながらの屈伸運動を一度試してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ