一日中楽しめる!広くてたくさん遊べる東京競馬場

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

突然ですが「競馬場」のイメージはどう思われていますか?

「おじさんしかいない」、「汚い」、「お金をかける」など

競馬場は大人のギャンブル場のイメージを持っていて子どもを連れて行くことなんかできない、という方々がいるかと思います。しかし今や競馬場はかなり変わり、今では若者や女性、そしてファミリーが訪れて一日中楽しめる場所となりました。今回は日本にある競馬場の中でも、お子さんたちとたくさん遊べる「東京競馬場」を紹介いたします!

駅から直結で楽々行ける

東京競馬場は東京都府中市にある、主に毎週土曜と日曜に開場する競馬場です。

東京競馬場でレースが開催していなくても入場して遊ぶことができます。京王線府中競馬正門前駅とJR府中本町駅が最寄り駅で、どちらも屋根付きの連絡通路を通っていくので雨に濡れること無く行くことができます。歩いていくと入場券売り場と入口があります。入場券を必要とするのはレースが開催時に15歳以上は200円がかかりまが、開催されていない時には全員無料で入場できます。つまりは安く、あるいは無料で一日中遊ぶことができるのです!また入場時には迷子シールも警備員さんから渡されるので、お子さんたちにも配慮されているのが分かります。

広くて開放感を感じるスタンドと場内

入場口を過ぎて目の前に現れるのは大きなスタンドです。スタンドは横に何百メートルの幅で高く建っています。そのスタンドからは晴れた日には富士山も見えることから「フジビュースタンド」と名付けられています。

そのスタンドに面してレースを行う大きなコースがあります。外側に芝、内側にダート(砂)のコースがあります。ゴール前に立つと奥が見えないくらい広いです。広さは東京ドーム約90個で日本最大の競馬場です。その広い競馬場にさまざまなスポットがあります。

飽きることがないほど遊具がたくさん!

場内には遊具がたくさんあります。スタンドから見て左側奥にあるエリアには、帆の高いところまで登れる海賊船やローラー滑り台があります。コースの内側にあるエリアにはロープ状のジャングルジムや丸太の橋があるアスレチックなどがあります。お子さんが興味を持つものばかりで飽きることはないです。またそれらのエリアにはアンパンマンとその仲間たちの石像も置いてあるので探しながら巡るのもおすすめです。

普段の公園にはないものも無料で遊べる

アトラクションもたくさんあります。おすすめするのは内馬場で走るミニ新幹線とフアフアターフィという中でジャンプなどをして遊ぶエア遊具です。これらは他の公園やアミューズメントパークだとお金がかかるのに対してここは無料です。何回でも楽しむことができます。行列もできることがありますが、土曜の午前中であればかなり空いていていっぱい遊ぶことができます。

小さなお子さん連れにも安心のベビー・チャイルドルーム

小さなお子さん連れや雨の日にも遊べるようにスタンド内にはベビー・チャイルドルームを二箇所用意しています。おもちゃやブロック遊び、絵本やアニメが流れるテレビなどで楽しめます。授乳室やオムツ替えエリアもあるので安心して遊ぶことができます。

スタンド内でも十分楽しめるスポットがたくさん

スタンドが広いのでスタンド内のエリア・店舗を巡るのもよいです。内部は西洋風の町並みが表現されていて競馬場ではないような感覚にもなります。2013年の日本ダービーを優勝した馬であるキズナの等身大の模型に乗れるイベントもあり、騎手の雰囲気も味わえます。

また飲食店舗がたくさんあります。おすすめの店舗は、スタンド3Fにあるベーカリーの大きな輪状のドーナツ「大穴ドーナツ」と、2Fの焼きそば屋さんの「モカソフトクリーム」です。お子さんとスタンド内でグルメも楽しんでみてはいかがでしょうか?

馬ともふれあえる機会も

レースが開催されている時はさらに場内は盛り上がります。競走馬と騎手が繰り広げるレースのほかに、「パドック」という馬の様子を見る場所で出走する馬たちを間近で見ることができます。競走馬以外にも誘導馬やポニーがおしゃれに装飾をして可愛くみなさんをお迎えするので、お子さんとの写真にもおすすめです。また乗馬体験や馬車乗車などのイベントもあり、こちらは当日先着受付なので競馬場に着いた時には要チェックです。

東京競馬場はいかがでしたか?ここだけでは伝えられないスポットやイベントが多くあります。ぜひ土日にお子さんとのおでかけに行ってみて確かめてみてください!

なお、ご紹介したエリア・遊具・店舗は実施・営業していない期間もありますので、東京競馬場のホームページ等で確認してからお越しください。

http://www.jra.go.jp/facilities/race/tokyo/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ