懐かしのウルトラヒーローに会える!親子で楽しむウルトラマンアスレチック

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

皆さんは子どものころにどんなテレビを見ていましたか。アニメを見ていた人も多いでしょうが、特撮物も見ていたのではないでしょうか。特にウルトラマンは、一度は見たことがあるかと思います。今回は親子で盛り上がることができるウルトラマンアスレチックについて紹介します。

駅から無料シャトルバスがある

ウルトラマンアスレチックはららぽーと横浜にあります。ららぽーと横浜の最寄り駅は横浜線の鴨居駅です。横浜から約20分の位置にあり、駅から徒歩だと7分かかります。7分なら近いと思うのが大人の感覚ですが、子連れだと大変です。特に夏は熱中症も心配です。そんな方のために、無料のシャトルバスが鴨居駅から出ています。私も何度から利用していますが、大変便利です。

ららぽーと横浜だから買い物もできる

ウルトラマンアスレチックはららぽーと横浜内にありますので、買い物もできます。飲食店もたくさんありますので、食事にも困りません。ママもいっしょに行ってママは買い物を満喫するという利用の仕方もあります。

休日でも保護者は入場料のみ

ウルトラマンアスレチックは平日料金と休日料金があります。平日は保護者が無料で、子どもは入場から30分まで630円、以降10分ごとに150円かかります。平日の場合、フリーパスもありますので、格安で長い時間遊ぶことができます。休日は保護者が630円でそれ以降は料金が発生しません。子どもは入場から20分まで630円、以降10分ごとに150円かかります。遊ぶのであれば平日の方が料金的にお得なのですが、ウルトラヒーローが登場するのは休日限定です。

ウルトラヒーローと写真が撮れる

ウルトラマンアスレチックはただ遊ぶだけの施設ではありません。休日にはウルトラヒーローが登場します。ウルトラヒーローは毎月変わりますので、ウルトラヒーローが好きな子どもは何回も通うことができます。登場するのはウルトラヒーローだけではなく、怪獣が登場する回もあります。4歳の次男は怪獣が登場するのが怖かったので、あらかじめ何が登場するのか調べた上で行く方が良いでしょう。ちなみに4歳の次男はバルタン星人が怖かったということです。ウルトラヒーローは登場するだけでなく、30分ぐらいのショーが行われます。その後、握手だけの場合と写真撮影までできる場合とに分かれます。混雑している場合は握手のみになることが多いです。その場合はカメラを連続撮影モードにして決定的瞬間を逃さないようにしなければなりません。混雑していなければ写真撮影ができますので、良い記念になります。

休日の13時は込んでいることが多い

先ほど混雑している時間は握手のみになることが多いと述べましたが、何時ぐらいが込んでいるのか知りたいですよね。ウルトラヒーローが登場するのは11時、13時、15時、17時です。私は何回かウルトラマンアスレチックに行き、さらに店員さんにも確認したのですが、13時の回の人数が多いです。15時の回は日によって込んでいるときと込んでいないときがあります。店員さんが言うには、17時は空いているようです。確かに13時の回は子連れだと利用しやすい回ですよね。ただウルトラヒーローとゆっくり会いたい場合は時間をずらすことも考えてみましょう。

ウルトラヒーローや怪獣の話で盛り上がろう

私は4歳と7歳の息子と一緒にウルトラマンアスレチックに行っていますが、子どもの時に見たウルトラヒーローや怪獣も登場しますから、パパも一緒に盛り上がることができます。終わった後の会話もウルトラヒーローや怪獣の話になります。子どもたちと共通の話題があると楽しいですよね。ママは取り残されている感がありますが、男の子がいるパパはぜに一度ウルトラアスレチックに行ってみて下さい。その前に、ウルトラヒーローのテレビを見せておくとさらに楽しめますよ。

https://bandainamco-am.co.jp/kids/ultra_athletic/yokohama/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ