家族みんなが「遊びの仲間」に!福島県福島市のさんどパーク

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

パパがお休みの日子供を連れて遊びに出かけてくれる場所があります。その場所が今回紹介したい福島県福島市にあるさんどパークという名前の遊び場です。

朝は10時から始まり17時半まで遊べます。1時間半ごとの区切りがあり、30分休憩が入ります。そのたびに、掃除をきちんとしていてくれるので清潔面も安心です。
他の遊び場となにが違うの?と思った方!!
お待たせしました。さんどパークは、大きい砂場がある珍しい室内遊び場です。砂遊びをさせたいけど公園とかの砂は猫のフンがあったり衛生的にきになる親御さんが多いと思いますが、さんどパークの砂はきちんと管理されてあり、猫が入る方もないのでフンなどもなく衛生的です!ここで、なぜパパが子供を連れてお出かけする場所に選んだかと言いますと、砂場の砂をスコップで掘ったり、砂を固めて山を作ったり、お城を作ったり。
パパも少年時代に戻ったかのように楽しめる場所なので、こどもも楽しく遊べます。

大きいスコップや小さいスコップ、バケツ、型など砂場で遊べる道具もたくさん置いてあります。
また、足や手を洗える水道も横にあるため、汚れることを気にせず精一杯遊べます。また、衛生的な問題でタオルの貸し出しはなるべくしていないそうですが、忘れてしまった人のために貸し出しもしているので、急にさんどパークに行って砂場で遊びたいとこどもが言った場合でも安心してご利用できます。また、砂場の中にもベンチがあり、パパとこどもが遊んでる姿をままはベンチに座りながらのんびりみることもできます。たまにはままも休憩をしたいですよね。

また、さんどパークは、大型砂場だけでなく、ボールプール、エアキャッスル、サイバーホイール、ベビーコーナーなどあり、こどもも楽しく遊べます。ボールプールも大きいので、こどもがいっぱい入ってきてもぎゅうぎゅうにならず楽しめます。また、人数制限があるのでこどもがたくさんいてぎゅうぎゅうになって、精一杯遊べなかったり、怪我をしたりということを少しでも軽減できます。人数制限がかかってしまったときは、残念ですけど、次の時間まで待てば入れるというのもいいですね。また、無料の駐車場も完備しており、経済的にも優しいですね。

さんどパークに土日遊びに行くと、パパとこどもだけで来ている人をたくさんみます。うちのパパも遊び場と言ったらさんどパークみたいで、朝からさんどパークで遊んでお昼家に帰って来て午後またさんどパークに遊びに出かけたりしてます。こどもを遊ばせに行ってるのか、パパが遊びたいのかは、謎です。さんどパークはパパ1人でもためらいなく、こどもを連れて行ける遊び場です。

さんどパークの遊び場を利用するのにお金はかかりません。無料です。
すごく良い響きですね。こんなに大きい砂場もあり、ベビーコーナーやボールプールなども遊び場もあるのに、無料っていうのがすごく良いですね。また、コインロッカーもあるので荷物をコインロッカーにいれて、荷物を気にすることなく思いっきり遊べます。

オムツ交換の台や授乳室もあるので小さい子でも安心して遊びに来れますね。
さんどパークのホームページを見ると、アピールポイントが書いてありました。
そのアピールポイントが、全身運動がたっぷり楽しめ、家族みんなが「遊びの仲間」になれる素敵な場所です。

ひとつひとつの遊びのコーナーに「わくわく」と「育ちの要素」がいっぱいあります。とのことです。
遊びの仲間という言葉すごく良いですね。
パパも少年時代に戻ったかのように遊び、こどもも精一杯パパと遊び、楽しんでいる間に「遊びの仲間」になれるということですね。
是非、パパの皆さん、こどもを連れてさんどパークで楽しく遊び家族と言う名の遊びの仲間になって来てください。

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21055a/okunai-dokuzi2.html

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ