—大洗— 日本一のサメに会いに行こう!子どもと一緒に体験型の水族館

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

「大洗」は茨城県内に在住の方でなければ聞いたことがないかもしれません。茨城県の中央に県庁所在地の水戸市があり、そこから少し進んだ太平洋沿岸の地区です。

今回は国内最多のサメを保有していて、子どもと大人が一緒に体験できるイベントが用意されている「大洗水族館」を紹介いたします!

遠いようで意外と近い海沿いの「大洗」

東京駅からは距離にして約120kmと遠い道のりではありますが、車であれば都心から約100分の所要時間で到着することができますし、状況によっては、もっと早く到着できるはずです。

理由は首都高を通過した後に走行する常磐高速道路です。

通称「常磐道」は茨城県内を縦断する高速道路で、とにかくほぼ一直線なので極めて走りやすく、渋滞することがほぼないのです。

そして、アクアワールド大洗水族館に着くと太平洋を一面に眺めることができます

特に晴天の日は風も気持ちよく、景色も最高です!

飛ばし過ぎだけは注意して下さいね!

家族連れに優しい料金設定

アクアワールド茨城県大洗水族館の入場券は大人 1850円、小中学生 930円、3歳以上の幼児 310円、2歳以下は無料となっています。さらに、小中学生は春・夏・冬休み期間を除くと、設定量金の半額で入場できますので、お子様連れで出かけやすくなっています。

他にも、茨城県民の日である1113日や茨城空港の利用者は大人も含めて半額に割引サービスがありますし、千葉・栃木・福島・東京・群馬・埼玉県民の日でもそれぞれ30%以上の割引がありますので、ぜひ日程を確認してみてください。

赤ちゃんやお母さんにも優しい大洗!

乳児への対応も細やかになされています。

3階ではベビーカーの貸し出しや、授乳室やこども用トイレが装備されており粉ミルク用のお湯や離乳食の温めも総合案内で受けてくれます。

また、フードコートでは電子レンジが自由に使えるようになっているので離乳食をたべながら大人も一緒に食事を楽しむことが出来ます。

国内最大保有数のサメと巨大マンボウ

アクアワールド大洗水族館はサメの飼育種数が日本一という特徴があります。

現在は54種類が飼育されており、水槽の上からも見て回ることができるオリジナルイベント「水族館体験ツアー」が開催されています。

「怖い」イメージのサメですが、間近で見る貴重な体験ができますし「水族館体験ツアー」では触ることもできます。

 また、水槽 270トンもある国内最大の巨大マンボウ専用水槽では4尾のマンボウが飼育されています。

マンボウの飼育は非常に難しく、一度に数匹をまとめて見る事はとても貴重です。

傍にある世界最大級のウシマンボウの剥製を目の当たりにしたら、思わず声が出てしまいます!

小学生もたくさん楽しめるイルカとアシカの人気イベント

大洗水族館ではもちろん、定番のイルカ・アシカライブもイベントされています。

人気ライブなので、開始直前では既に会場内が満員となっていますから、あらかじめ時間を確認して早めに席を確保しましょう。

水に濡れたい小学生にもきっと、満足できるアトラクションがあります!

水槽内でダイバーとお魚の競演

もうひとつの人気イベントはダイバーが「出会いの海の大水槽」の中に入って魚たちを紹介してくれる「アクアウォッチング」です。

館内で最大の水槽である「出会いの海の大水槽」にダイバーが入り、水中カメラで魚の顔をズームアップして解説を加えてくれます。

また、餌を水槽内にまいてシャッターチャンスを作ってくれることもあります。

魚の解説がわかり易く、見た目も楽しめる企画ですし、季節によって異なるプログラムを用意していますのでぜひ予定のひとつに入れて下さい。

小さなお子さんも「お魚体験」

小さなお子様連れの方には「なるほど魚っチング」や「タッチングプール」がお勧めです。実際に生きた小魚や生物に触れることが出来るコーナーです。

ステップが用意されていて、2歳位のお子さんでも水槽の中に手を入れて魚に触れることが出来ます。

手をいれると皆さんの手に魚が集まり角質を食べてくれるおかげで、お肌をすべすべにしてくれるはずです。

遊んだ後は手洗い場も用意してありますから、しっかり手を洗いましょう。

そして、そのコーナーのすぐそばには「キッズランド」も用意してあります。

見ているだけでは飽きてしまうのはこどもの性ですが、そんなときは魚をモデルにしたアトラクションで体をたくさん動かしてリフレッシュしましょう。

  • なお、ひたちなか海浜公園の混雑時期や、大洗花火大会の開催日は激しい渋滞を来たす場合がありますので、おでかけの日程が決まったら事前にスケジュールが重なっていないか、大洗水族館の公式ホームページ等で確認してからお越し下さい。

   URL: http://www.aquaworld-oarai.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

ABOUTこの記事をかいた人

「皆さんこんにちわ!仕事や家事に追われながらでも育児は楽しいものですよね!子どもとしか過ごせない場所、子どもと行くと新たな発見がある  こと、たくさん楽しみましょう。もしも、疲れたり、もやもやする時は、こちらのブログ(https://kabutonchocho.com)で少しコリをほぐしてください!」