茨城県屈指の観光スポット!茨城県大洗町の大洗水族館

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

今回、私が紹介する子供と一緒に行くオススメの場所は茨城県にある大洗水族館です。東京からは高速道路で約2時間のところにあります。大洗町は、茨城県屈指の観光スポットであり、大洗水族館の周辺には、那珂湊おさかな市場や、大洗海浜浴場など1日楽しめるところがたくさんあるので良い立地にあります。

大洗水族館は午前9時から17時までやっており、料金は大人1850円、小・中学生は930円、幼児(3歳以上)は310円、2歳未満は無料となっています。混雑する時期は5月から6月の平日と9月から10月の平日です。なぜかというと幼稚園児などの遠足でたくさんの子供達が集まるからです。750台入る駐車場が隣にあります。8時から入ることができ駐車場料金は無料です。休日などで満員となることがありますが、その時は県営駐車場が近くにあり24時間無料なのでそこに停めることをオススメします。ただし夏は1日800円かかるので注意してください。

私がオススメする大洗水族館の魅力は3つあります。

1つ目は、魚の種類が広い施設のなかに様々種類豊富な生き物がたくさんいる点です。サメの種類が54種類と日本一の飼育を誇っています。どの水族館でも観たことのない珍しいサメや、テレビや映画でみるような定番の凶暴なサメが大きな浴槽で泳いでいます。子供達も興奮すること間違いなしだと思います。また巨大な水槽に4尾のマンボウが泳いでいるのは、すごい迫力です。マンボウの大きさと、とぼけた顔つきを間近で見ることができたのは凄く印象に残っています。この他にも子供に人気なペンギンや色鮮やかな小さな魚たちもいて、子供は大はしゃぎだと思います。浴槽の近くには魚の生息地域や特徴、写真など丁寧に説明されているので、勉強にもなります。

2つ目はダイナミックなイルカや可愛いペンギンのお散歩など数々のショーがあることです。特にオススメはイルカ・アシカオーシャンライブです。これは通常10時、12時、14時、16時と2時間ごとに計4回行われます。12時、14時くらいはとても混雑するので、早めに観覧席をとることをオススメします。特に巨大な水槽の前から3列目くらいはイルカが大ジャンプしたときの水がかかるので子供たちには大人気の席になっています。ずぶ濡れになってしまうので、カッパやレジャーシートなど身を守れるものを持っていくといいでしょう。子供は水を被りたがる可能性もあるので着替えも準備しておけば大丈夫です。イルカ・アシカオーシャンライブはまず、アシカからスタートします。アシカがとても賢く面白いことをしてくれるので、拍手と笑いが絶えないとても楽しいショーです。その後にはイルカがダイナミックなジャンプを披露してくれて、とても楽しいです。イルカとアシカがキスをするパフォーマンスは生き物の種類が違うのに、どうやってキスできるようになったか不思議になりました。飼育員さんがとても優秀なことがわかります。非常にオススメです。

3つ目は、キッズランドというエリアで小さな魚と触れ合うことや、魚の形をした巨大な遊具で子供達が遊べることです。私が訪れた際に2歳になる子供が1番はしゃいだ場所です。魚と触れ合える貴重な体験ができ、教育的にも良いことだと思いますし、いい思い出になること間違いなしです。水族館に飽きてしまう子供も中にはいると思いますが、魚の形をした巨大な遊具があることで落ちかけてた子供テンションをまたあげてくれます。小さいお子さんだと怪我ないようについていく必要があると思いますが、大きなお子さんであれば1人で遊ばせて、お父さん方は大洗の海を見ながら少し休憩することができます。

このように大洗水族館はたくさんの魅力であふれています。1度行ったらまた行ってみたくなると思います。東京近郊の方は少し遠いと思いますが、周辺にも観光することがたくさんあります。1度行ってみたらいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ