レベル別の木製アスレチックが豊富!千葉県のふなばしアンデルセン公園

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

千葉県の船橋アンデルセン公園をオススメします!

とにかく広大な敷地の中で思い切り遊べる施設です。広場には子供が大好きなローラー滑り台がどどーんと設置されていて、ここではパパと一緒に滑ってお子さんにスリルを楽しませてあげてはいかがでしょうか?長いローラー滑り台の他にもいくつか同じ場所に滑り台があり、違う年齢のお子さんを連れて行く際もあちこちに散らばらずに(公園に行くと兄弟が別々なもので遊んで一人が迷子…というのはよくありますよね)遊ばせることができてパパも安心ですね。さらに、レベル別の木製アスレチックが豊富で、難解なものと簡単なものが並列して配置されているのも、兄弟を持つパパさんには嬉しいですね。広場を囲む流水と夏にはちょっとしたプールになる水遊び場も楽しいです。ちょっとした水遊び場…というにはあまりにも広い、そして水車などの水上レジャーも楽しいクールスポットでもあります。お子さんと一緒にパパさんも見ずに足をつけて楽しんじゃってくださいね。

これら遊具のあるエリアにはテントを張っている家族連れが多いです。拠点を作って、迷子になったらここに戻って来るのだよと教えてやることもでき、お子さんたちへ目が届く距離にテントを張ることができます。ただし気候のいい時期の晴れた休日は激戦ですので、余裕を持って早めに来園されることをお勧めします。
また、遊具だけではありません。動物好きなお子さんのいるおうちにオススメなのが、触れ合い動物園です。うさぎやモルモットに触れ合えてエサをやることもできます。また、リーズナブルな価格でポニーにも乗れます。これもまた、ギュッと無駄のない配置で作られたミニ動物園なので、お子さんが果てしなく遠くにいなくなっちゃった〜なんてことも少ないと思います。迷子が不安なやんちゃキッズのパパには、迷子シールの利用がおススメです。無料でもらうことができるので、来園したらすぐに記入してお子さんの衣服に貼っておくといいでしょう。

そして、雨の日はどうするの?とお思いのあなた。船橋アンデルセン公園は雨でも楽しめる公園なんですよ〜。それが多種多様な体験ができる「こども美術館」エリアです。こちらでは、陶芸であったり、工作であったり、時期によって様々なワークショップが開催されています。人気のイベントはすぐに満席になってしまうので、お目当てのものがあるのなら、入園と同時に予約しておくのが安心ですね。
フードは園内に一箇所レストランがある他、売店がいくつかあるので買うことができます。でもやっぱりお弁当を持参して、レジャーシートで親子で仲良く食べるのがおススメです。デザートや暑い時のブレイクには、園内のアイスクリームショップで食べられる牛乳アイスクリームがイチオシ!濃厚で滑らか、牛乳の味がしっかりなアイスクリームですが、ソフトクリームのようにぺろりといけちゃいます。お子さんもパパもきっと大好きな一品だと思います。是非ご賞味くださいね。

こんなステキな遊び場アンデルセン公園、なんとお得な入園無料デーがあるのです。それが、

①ひなまつり(3/3)

②アンデルセンデー(4/2)

③こどもの日(5/5)

④千葉県民の日(6/15)

で、中学生以下のお子様の入園がタダになります。さらに、10月の第4日曜日は開園記念デーとして、全てのゲストが無料になるのです。これは行くしかありませんよね!ただし混雑は必至。
入園料大人900円は公園にしては高いと思われる方もいるかもしれません。でも、この充実ぶりを実際見ていただければ、お得感がおわかりいただけると思います。朝から晩まで一日中遊んで、お弁当持参していけば1000円でお釣りがくるのです。中学生以下のお子さんは200円です。最近では海外からの観光客の方にも人気があるそうです。でもそれも納得な、日本の誇る自然の中の遊び場、船橋アンデルセン公園に、是非親子で行ってみてください!

https://www.park-funabashi.or.jp/and/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ