山口県にある長門市総合公園は大型ローラー滑り台がおすすめ

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

山口県の北部、長門市にある総合公園は全長113メートルにもおよぶ巨大なローラー滑り台がおすすめの無料の遊び場です。

アスレチックや小さい滑り台もありますが、何より一度は滑っておきたい巨大滑り台は、たどり着くまで山を上っていきます。途中滑り台まで50メートル、とかかれた看板があり、まだ上るのか、と思ってしまいますが、頑張って上るだけはある充実感があります。体力勝負のお父さんなら、是非とも一緒に滑ってあげてください。子どもは一回や二回では満足しません。山登りが必須です。秋にはドングリも落ちているので、山登りの楽しみも増えますよ。

冬場は山の中なので若干、日当たりが良くなるのに時間がかかるため、天気の日でも午前中は霜で濡れていることがあるので要注意ですが、夏場は涼しくておすすめです。公園内に自動販売機はありますが、飲食店はないので、夏場に行くなら飲み物の用意は必須です。お手洗いもあり、清潔です。

駐車場は無料で、芝生のきれいな広場もあります。ボールを持っていって、サッカーやバトミントンが出来るくらい大きい広場です。昼食は近くに道の駅、センザキッチンがあり、海の近く特有の新鮮な海産物を使った料理が食べられます。センザキッチン内では水揚げされたばかりの魚や貝が安価で売っているので、遊んだ帰りに夕飯の買い物も出来ます。勿論長門市総合公園で、芝生の上にシートを引いてのお弁当も格別です。おにぎりだけでも満足ですね。近くにはコンビニもあるので、行く前におにぎり等、買いそろえていくのもいいですね。ベンチ数が少ないので、一日中遊ぶときはテントを持っていくものもいいですね。小さいお子さんが遊べる遊具や、砂場もあるので、砂遊び好きのお子さまがいるときにはお砂場セットがあるといいです。一日中遊べて、飽きない場所ですよ。

滑り台がある山頂からの景色は必見、遠くに日本海が見えます。思わず写真がとりたくなります。ただ、土日、ゴールデンウィークはこみ合いますので、早めに行くか、近くの図書館に車を停めることに。滑り台がある公園すぐ側の駐車場は台数が50台程度、数に限りがあります。小学生から幼児まで、一日中遊べて、楽しめるおすすめスポットです。子どもが帰りたくなくなる楽しさで、113メートル滑り台は、次の日筋肉痛になる覚悟で行きましょう。すべて無料なので何度でも遊べます。滑り台はなにも引かなくても滑れますが、お尻が痛くなるので、下にあるシートを持っていった方がいいでしょう。これも無料で借りることが出来ます。

アスレチックの難度は簡単から難しいまであり、高学年の子どもさんでも楽しめますし、小さい子どもさんでも十分に遊ぶことが出来ます。ただ、小さいお子さんには必ず親御さんがそばで遊んであげてください。休日は遊びに来る家族連れが多いので、遊具は難しくなくてもぶつかったりしてしまうことがあります。春は桜、夏は海風、秋は紅葉に木の実と、季節毎の楽しみも満載です。冬は濡れているときが多いので、午前中早い時間はさけたほうが無難ですね。山登りをかねたウォーキングコースもあり、気分転換に山のなかを歩くのもいいでしょう。ドングリを拾うときはビニール袋を忘れずに。近くに図書館もあるので、疲れたらそこで休むのもいいですね。以前は近くにお店も少なかったのですが、今はセブンイレブンやコスモスなど、新しいお店も出来ています。センザキッチンから青海島クルージングも出ているので、天気がいいときにはそちらもおすすめです。奇岩の景観は一見の価値があります。

https://nanavi.jp/activities/sougoukouen/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ