赤ちゃん連れやご兄弟連れの方にも安心!ボーネルンド・プレイヴィル天王寺公園

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

プレイヴィルがあるのは関西だけ!外でも目一杯遊ぼう「ボーネルンド・プレイヴィル天王寺公園」
世界のおもちゃを扱うボーネルンドが手がける遊び場「キドキド」
親子に大人気の室内遊び場で全国に展開されています。
そのキドキドに更に表現遊び、外遊びをプラスした「プレイヴィル」をご存知ですか?

プレイヴィルは公園内に作られた総合型遊び場で現在大阪市の天王寺公園と大阪城公園の2箇所しかありません。
今回は天王寺公園てんしば内にあるプレイヴィル天王寺公園を紹介します。

プレイヴィルは「屋内アクティブゾーン」「表現遊びゾーン」「屋外遊びゾーン」の3つの遊びゾーンに分かれています。

屋内アクティブゾーンでは巨大なボールプールやクライミングなど多様な体遊びができます。
子供はボールプール大好きですよね。ボールプールに沈んでみたり。玉入れのカゴや壁に穴あるので夢中になって投げ入れることができます。
こちらのボールプール深さが分かれているので年齢に合わせて遊ぶゾーンを選ぶこともできます。
屋内ながら回転遊具、ジャングルジム、すべり台など大型の遊具も用意されていて、ダイナミックに体を動かすこともできます。
6ヶ月の赤ちゃんから12歳まで、対象年齢、発達に合わせて遊び場が分かれているので、赤ちゃん連れやご兄弟連れの方にも安心です。

表現遊びゾーンでは家庭では体験できない巨大なイーゼルやガラス窓にペイントができます。
自分の手形で絵を描いみたり、巨大なハケで窓いっぱいにベタ〜っと絵の具を伸ばすのは大人も一緒に楽しめますよ。
汚れても大丈夫なように上着やエプロンを貸してもらえますが、子供が遊びに夢中になると正直意味がありません…
本気で遊ばせてあげたい場合は必ず汚れても大丈夫な服、お着替えは持って行きましょう。
有料のワークショップに申し込めばプレイリーダーさんにクラフト遊びも教えてもらえます。作品はお持ち帰りできるので遊びに行った思い出にもなります。
少人数の先着順ですので空きがあれば、是非申し込んでみてください。

屋外遊びのゾーンで光や風、緑に囲まれ自然を感じながら遊ぶことができます。
大人気の大きなブランコは複数人で乗ったり寝転んで揺れを感じることができます。
水遊びでは井戸式の水汲みがあり自分で一生懸命漕いでお水を出します。お水を汲んだらお砂場へ!砂利のない砂場ですので綺麗な泥団子が作れますよ。
こちらでも汚れても大丈夫なように長靴の貸し出しがあります。
ドロドロ、ビショビショになりますのでこちらも場合によりお着替えが必要です。
目一杯走り回ったり、自然を感じながらの体遊びが沢山。
日常家庭や、公園では体験できない遊びに子供達は時間も忘れて遊んでいます。

どの遊び場にもプレイリーダーさんが色んな遊び方を教えてくれます。
また遊びに来ている子供達みんなで遊ぶんで下さるので、直ぐにお友達ができますよ。

店内には休憩スペース、トイレ、オムツ替えゾーンも充実しています。
ボーネルンドで販売されているおもちゃも数多くあり、気になっていたおもちゃがお試しできるのも魅力です。
お買い物スペースもありますので気に入ったおもちゃを購入することもできます。

気になる料金ですが1日遊べる親子フリー券が販売されていて、大人1人+子供1人1500円で一日中遊べるのも魅力的です。
追加料金は子ども 1 人 1,000 円、保護者 1 人 500 円です。
(同じプレイヴィルですが大阪城公園店は料金が変わってくるのでご注意下さい)

3つのスペース全てで遊ぼうと思うと1日があっという間です!
屋内以外は基本的に汚れます。汚れるからやめてという親御さんにはお勧めできません。
子供が目一杯、汚れることも気にせず遊びに夢中になれるよう、タオル、お着替え複数はお持ちください。

天王寺には有名なあべのハルカスや近くに複数の商業施設もあります。
一時退店は何度もできますので、食事や休憩にも便利です。
お天気でしたら一時退店をし、お弁当を持って天王寺公園でのんびりするのもおススメです。
休憩を上手に挟みながら1日をお過ごしください。

https://www.bornelund.co.jp/playground/playville-tennojipark

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ