未就園児から高校生まで楽しめる!国営昭和記念公園

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

天気のいい日は体を思いっきり動かせるスポットがオススメです。
国営昭和記念公園はとにかく敷地の広さが魅力です。
広い敷地を歩くのは大変なので、パークトレインに乗ることもできます。こちらは小さいお子様に大人気です。

見る、遊ぶ、自然、食べる、体験するといったようにこちらではいろいろな施設があります。
お子様連れのお父さんに特におすすめしたいのは「遊ぶ」と「体験する」といった項目です。
未就園児のお子様でしたらオススメはわんぱく遊具です。
平日でもたくさんのお子さんで賑わっていて、比較的見渡しやすいのでアスレチックの方に遊びに行ってしまってもきちんと目が行き届きます。高さもそんなにないので小さい子も器用に登っています。
少し変わった遊具もあります。みんな遊び方を工夫したり、順番を守って遊んでいます。
お砂場もあるので砂遊びが好きなお子様はお家からお砂場用のおもちゃを持参するといいでしょう。
ブランコ、ふわふわドームもあってこちらも人気のスポットです。ふわふわドームは靴を脱いで登る遊具です。みんな裸足で遊んでいます。

また、すぐとなりにみんなの原っぱがあります。
お正月には凧揚げをしている家族が見られるとても気持ちのいい広い原っぱです。
お昼はここでシートを敷いたり小さなテントを立ててお弁当を広げている人たちでいっぱいです。
また、原っぱにもわんぱく遊具にもすぐそばにお手洗いもあるので安心です。自動販売機もあるので飲み物を買うこともできます。
売店もあるので、お弁当を作っていかなくても心配いりません。
こちらで、ボールやシャボン玉も買うことができたので原っぱで遊ぶことも可能です。
園内にはいたるところにカフェやレストランもあります。こちらを利用するのもいいでしょう。

次に、もう少し大きいお子様向けには「こどもの森」がおすすめです。
大きなトランポリンは小さい子も十分楽しめると思います。また、虹のハンモックや森のとりでというアスレチックは、秘密基地のようで小学生くらいの子たちも飽きずに楽しめる場所だと思います。
普通の公園などと少し違って、自然を楽しみ、自分たちで遊び方を考えるような場所です。
どろんこ広場や風のすべり台など、まるで秘密基地のような空間は子供がワクワクする場所です。
太陽のピラミッドという場所は、階段をのぼるとこどもの森が見渡せるので大変気持ちのいい場所です。ここで写真を撮るのもいいかもしれません。
そして、夏はレインボープールも楽しめます。こちらは公園内にあるので、再入場は当日なら何度もできるというのが気軽に利用できるポイントです。
プールはまだ早いというお子様には、水遊び広場です。水深が30センチなので小さなお子様も安心して楽しめる場所です。

公園内でバーベキューガーデンがあるので、夏はこちらで食事するのも楽しいかもしれません。
そして、公園内ではボートも楽しめます。
水鳥の池という場所にて、ローボート、サイクルボートが選べます。
子供ってボートに乗るのが好きですよね。珍しい鳥も見つけられるかもしれません。
この辺りにはベンチがたくさんあるので、鳥や池のスケッチをしている方も見られました。
公園内はとにかく広いので自転車の練習にも最適です。犬の散歩やドッグランを利用している親子もいます。
虫が好きなお子様も好きな虫を見つけたり、様々な植物を見つけることができます。
小学高学年以上のお子様には、スポーツエリアがおすすめです。スリーオンスリーや、フットサルが楽しめる場所です。

また、園内はとても広いのでレンタサイクルを利用するのもいいかもしれません。14kmのサイクリングコースがあります。
昭和記念公園は未就園児から中学生、高校生になっても楽しみ方を変えて、楽しく遊べる楽しい公園です。
是非お出かけしてみてください。

http://www.showakinen-koen.jp/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ