ついつい大人も真剣に!名古屋港水族館

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

名古屋港水族館は日本の水族館で一番延床面積が大きいと言われる程、広い水族館です。北館と南館に分かれており3階建ての施設で約500種類、5000匹の海の生き物が飼育されています。
北館では日本に2頭しかいないとシャチに会うことができとても人気です。
まず水族館に入ってすぐにシャチやイルカなどがお出迎えしてくれます。大きな水槽いっぱいに優雅に泳ぐ姿は感動的です。どの水槽もとても多く他の水族館とスケールが違います。
また、イルカのショーやアザラシ、ペンギンなど沢山の動物や魚たちがいますが、その中でもベルーガは特に人気です。ベルーガを見にここの水族館へ来られる方も多いようです。餌やりや解説などもしているのでその時に行かれるとより感動的だと思います。
鰯のトルネードは音楽に合わせながら左右や上下に水槽めいいっぱいに魚がトルネードするように工夫されておりとても見応えあります。

イルカショーも人気です。ここのステージは他の水族館と比べてもとても大きいので迫力があります。スタンド正面に設置されたハイビジョン大型映像装置でもその様子を見ることができます。
また、夏の間はナイトショーをしているのでいつもと違ったイルカショーを見ることができるのでとてもオススメです。

これだけのスケールでも値段はリーズナブルで家族連れには有難いと思います。
名古屋港水族館で1日遊ぶこともできますが、周りにも色々な施設があるのでそこへ行くのも良いと思います。名古屋港の展望タワーと南極観測船ふじがあります。
どちらも存在感があるのですぐに分かると思います。3箇所の入場券がセットになって売っていてセットだと少しお安くなるので、行くことが決まっていればセットでの購入をお勧めします。
南極観測船ふじは実際に使われていたものなので、その中を見て回ることができるので子どもも楽しめますが大人もワクワクした気分でとても楽しいです。それになかなか船内を見ることができないのでとても良い機会だと思います。展望タワーからは名古屋港が綺麗に見えるのでお昼でも楽しめますし、夜だと夜景で更に綺麗です。
全て楽しんだあとは近くにレストランなどが入っている施設があるのでそこで晩御飯などを食べて帰ることができます。
名古屋港駅からは徒歩5分なので電車でも行きやすいですし、駐車場も大きいので車で行っても大丈夫だと思います。ただ、駐車場の場所ですがよく空いている駐車場は水族館から遠く、結構歩かないといけないので小さい子どもさんがいる方は駐車場の場所は気をつけた方がいいと思います。
名古屋港水族館へ行く際はぜひ1日めい一杯遊べるようにして行ってほしいと思います。名古屋港水族館は広くて色々なブースに分かれているので全て見て回るだけでもとても時間がかかりますし、初めての方なら少し道も分かりにくかったりして効率的に回れなかったりもするので時間に余裕があった方がいいと思います。また、イルカも珍しいシロイルカやシャチ、ベルーガなどもいるので子どもも大喜びだと思いますがお父さんもそのスケールの大きさに圧巻だと思います。イルカたちもこちらに泳いできてくれたりする事があるのでいつまでも見てられます。また水族館の中の魚の見せ方が本当に上手で、ついつい大人も真剣になって見てしまいます。

水族館の中では沢山のショーをしているので1日時間がないと全部見れないと思います。時間など調べて上手に回って見てください。
1度行かれた方でも水族館だけでなく、周りにも展望タワーや南極観測船ふじなどもあるのでまた違った楽しみ方もできると思います。むしろ名古屋港水族館は広いので、一度行かれている方のほうが水族館内を効率的に回ることができるので良いかもしれせん。

http://www.nagoyaaqua.jp/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ