兄弟で来ても全員満足!東京都江戸川区の行船公園

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

お金を使わずに1日遊べるオススメスポットです。
近所に住んでいなくても、是非一度は遊びに行っていただきたいと、自信を持ってオススメできます。
敷地は広く、お弁当を持ってハイキング気分で行くこともできるので家族連れでも賑わっています。

オススメポイント1:無料の動物園

敷地内には無料の動物園が設置されています。
無料だからといって、小動物だけがいる類ではありません。しっかりレッサーパンダやペンギンなどの動物もいるので、小さい子どもにも大人気です。
動物園としての面積はそれほど広くはないですが、逆に子連れで歩いていても迷子にならない程度の配置となって、親としては安心して見ていられます。
大きい動物園ですと見ごたえはあるのですが、子どもが敷地内の移動で疲れてしまいますので、自分の脚で歩ける範囲内に動物が揃っているのはありがたいです。
土日でもそこまで混むということはないのでじっくりとお気に入りの動物を見ていることが出来ます。

さらにふれあいコーナーも大人気で、そこではうさぎやモルモット、にわとりなどを触ることができます。
コーナーの開園時間何であれば、触り放題ですので普段あまり動物にふれあう機会がないお子さんはこの機会にたっぷり触ってみてもらいたいです。
動物園自体がオープンな環境なので、公園の他の所で遊んで、触りたい時にだけ触りにくるということもできるのも嬉しいところです。

オススメポイント2:広いグランド

公園内には野球のグランドがいくつかありますが、その使っていないスペースなどは誰でも遊べる原っぱのような状態になっています。
そこで走り回ることはもちろん、ボール遊ぶもできますので、なかなか普段は思いっきり遊べるスペースがないご家族でも、思う存分楽しんでもらえます。
小さい子どもを遊ばせている家庭が多いので、それほど危険がなく遊べるということも良いポイントです。
パパはレジャーシートを敷いてのんびりしながら子どもが遊んでいるのを見ているということも可能です。

オススメポイント3:特徴的な遊具

遊具の数は多くはありませんが、大人気なのが石で作られた大きな丸い滑り台です。横に長いので多くの子どもがいっぺんに遊ぶことができていつも賑わっています。
滑り台に登る側はちょっとしたボルダリングのような形式にもなっているので、小学生くらいのお子さんでも楽しむことができます。滑る方もそこまでの急角度にはなっていないので逆から登っている子も多くいます。
あまり小さなお子さんですとぶつかってしまう恐れがありますが、ある程度の年齢の子まで楽しめるのは家族連れとしてはありがたいです。
小さなお子さんであれば滑り台の近くに砂場や小さなお家のような遊具もあります。兄弟で来て別々で遊ばせても両方とも目の届く範囲なのも子育て世代にはオススメです。

夏場は噴水もあるのでそこで遊ぶのも良いでしょう。
噴水の周りではかき氷などの売店も出ていますので、そこで休憩を取りながら涼んでみるということもできます。

オススメポイント4:アクセス

行船公園はこれだけの内容が揃いながらも、アクセスが便利です。
電車の最寄り駅は東西線の西葛西駅です。駅から徒歩15分ほどで到着しますが、途中にはスーパーもあるのでそこでお弁当やお菓子を買うこともできます。
歩くのが大変であれば、駅から出ているバスでも行くことができます。バスですと、総武線の新小岩駅や、新宿線の船堀駅からも行くことができるので、どこからでも来ることができて便利です。
車で来られる場合は駐車場もあります。周辺の駐車場も含めればイベントでもない限りは問題なく停められる程度の数は確保されています。

行船公園の良いところは複数の施設を同時に使えることです。
お子さんの年齢に応じて遊び方が変えることができますし、兄弟で来ても全員満足出来るでしょう。

https://www.edogawa-kankyozaidan.jp/zoo/gyousen/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ