新潟の子育てパパにオススメ!いくとぴあ食花

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

 

新潟の子育てパパにオススメしたいのが「いくとぴあ食花」です。
様々な施設が集まっているので、小さなお子さんはもちろんのこと、小学生のお子さんも一緒に遊ぶことが出来ます。
アクセスはビッグスワンスタジアムの近隣で新潟バイパス(国道8号)の「女池IC」より約10分ほどです。新潟駅からバスでも行くことが出来ますので、遠方からお越しの方も是非寄ってみていただきたいです。

いくとぴあ食花内の最大のオススメスポットは「こども創造センター」です。
年齢に応じた遊びのスペースがありますのでどの年代のお子さんがいても安心です。
屋内ですので、季節、天候に関わらず出掛けられるのも予定を立てやすくてパパにはありがたい話です。

0歳~2歳くらいのお子さんであれば木のおもちゃで遊ぶことができるスペースがあります。
年齢制限を設けたコーナーになっていますので、大きな子とぶつかったりする心配もありません。
ボール型の木のおもちゃが敷き詰められたプールは、普段なかなか気に触れる機会がないお子さんには貴重でしょう。
その他のものも含めて、木のおもちゃは意識しないとあまりお家では遊ばないので、この機会に思いっきり遊ばせてあげてください。

もう少し大きなお子さんになれば、絵本のコーナーやおままごとスペースがあります。
マグネットや積み木も豊富にありますので、お子さんが自分で使いたいだけ使ってなんでも作ることができちゃいます。
階段を上がれば走り回れるスペースや、巨大なトンネル滑り台が人気です。
トンネル滑り台はそこまで長いものではないので、お子さんが1人で滑っても問題がな程度でしょう。
すべり台へのルートは普通に階段を登っても良いですし、忍者屋敷のような狭い階段を登っていくこともできるので全身を使って遊ぶことになります。
小学生であればボルダリングの体験もできますので、お子さんの成長に合わせて長く利用できる施設になっています。
兄弟が多いご家庭ですと、子ども全員が満足できる場所はあまり多くないので貴重な施設と言えるでしょう。

「こども創造センター」の1階は工作コーナーになっています。
定期的に行われているイベントは予約をして申し込みが必要なものもありますが、普通に工作を楽しむだけであれば飛び込みでいつでも出来ます。
材料はほとんど揃っていますので、手ぶらで行っても問題ありません。
家庭での工作は道具を揃えたり、スペースを確保したりと何かと面倒なのでこういった機会に、お子さんの好きに遊ばせてあげることができればよろしいのではないでしょうか。
夏休みなどの宿題をここで済ませてしまうというのも手です。

いくとぴあ食花は「見る」も楽しむことができます。
動物ふれあいセンターも併設されていて、アルパカやカピパラなどを見ることができます。
その他犬、猫のお部屋もあり、あまりペットに触れあう機会がないお子さんには嬉しい施設です。うさぎなどに触れあえるコーナーもあります。
あまり広くはないですので気軽に見てまわれますので遊びに来たついでに寄って行くとちょうど良いでしょう。

季節によってはお花畑も見所の一つです。
新潟市の花を中心にガーデニングされていて、非常に立派なものとなっています。
遅い時間であればイルミネーションもやっておりますので、夕方くらいに遊びに来てイルミネーションを楽しんでから帰ってはいかがでしょうか。
パパにとってはお子さんの写真を撮るのにも、非常に絵になる場所ですので、家族の想いで作りに一役買ってくれそうです。

その他にも季節のお料理が食べられるレストランや、お花や野菜を買っていけるお店なども揃っていて、家族で充実した時間を過ごすことが出来るようになっています。
お出掛けの場所に困った時には是非ためしてみてください。

http://www.ikutopia.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ