赤ちゃんとの外出にはこのリュック!実用性十分でパパも使えるアネロはこんな感じです

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

外出時必須

赤ちゃんが産まれてしばらくは、赤ちゃんの中心の生活になりますが、夫婦の生活だってあります。日々の買い物や外出はもちろんあって、でも赤ちゃんを家に置いておくわけにはいかない、その時にリュックタイプのバックは大活躍しました。ママバックとして有名なアネロですが、例外ではありませんでした。

http://www.carrot-online.jp/fs/carrot/ruck/AT-B2521

とにかく赤ちゃんは急に歩けるわけでないので、外出するにも抱っこヒモかベビーカーが必要です。そのときにカバンを持つことで手がふさがっていると、赤ちゃんを構えなくなってしまいます。リュックを背負うことで両手がふさがりませんので、赤ちゃんが急に泣いてしまってもすぐに抱っこすることができます。不思議と抱っこで赤ちゃんは落ち着くことが多いので、外出時のリュックはしばらく手放せなさそうにありません。

横のポケットに哺乳瓶が入れられる

赤ちゃんが産まれて少し経つと、赤ちゃんを連れて外出したくなります。しかし赤ちゃんは大人と同じように、3食定期的に食事を摂るわけではありません。ミルクから離乳食に移行して、だんだん大人と同じものを食べれるようになってきます。その大人の食事と同じなのが、赤ちゃんにとってのミルクです。アネロのリュックでは左右ポケットがあるのですが、そのまま哺乳瓶を入れることができます。ちょうどいい大きさなので、急に落ちることもありませんでした。また忙しくバタバタしていると忘れものをしてしまうのですが、パッと見えやすい場所にありますので、哺乳瓶の有無がすぐに確認できます。

入口が大きく開くので中が見やすい

アネロのリュックは、入口が大きくがま口のようになっていて、ガバっと大きく開くタイプのものです。外出時、赤ちゃんの対応のためバタバタしていて、カバンの中のものを取り出したいけれど、なかなか見つからない、そんなことは避けられます。中に入っているものが見やすくなっているので、なくすようなこともありません。また容量も大きいです。A4の雑誌はそのままはいります。赤ちゃんと外出すると、おもちゃ、母子手帳、おむつ、お菓子、マグカップなど持ち歩いて大荷物となってしまうことがあります。アネロのリュックはそれらすべてを入れることができます。サイドにチャックがあるので、奥に入ってとりずらいものは、横のチャックを開けて取り出すこともできます。

外のポケットが大きめ

リュックの外側には割と大きめのポケットがあります。この中にはすぐに使うけれど、赤ちゃんのものとは振り分けたい、携帯電話や財布などを入れておくと便利です。エコバックや自分の収納したいものを入れるスペースになると思います。化粧品も小さめのものならいくつか、入れることができます。自宅や車のカギでもよいです。外出時は赤ちゃん中心の持ち物になってしまうけれど、自分の持ちものも分けて持ち歩けるとわかりやすいです。

通販や店舗で購入可能

公式通販やショッピングモールなどでも買うことができますし、大手通販会社でも扱いがあることがあります。赤ちゃんが産まれるとしばらく店頭でゆっくり買い物したり、のんびりショッピングする時間が無くなってしまいます。できれば出産前にそろえておくことをおすすめします。外出するときに使うカバンは必要なものですし、使い勝手の良いリュックは便利な存在です。たとえ荷物が多くなっても、背負えますので、手で持つよりだいぶ普段が減ります。色展開や柄も豊富にありますが、男性の使えるような柄にしていくと、パパにも持ってもらえるようになります。また、人気なので実際に使用している人も多いのですが、キーホルダーなどを付けて外の人と差をつけると、わかりやすいです。私はこのリュックを使いやすいので、ずっと重宝しています。

http://www.carrot-online.jp/fs/carrot/ruck/AT-B2521

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ