これさえあればとりあえず一式が揃う!便利なリッチェルのベビー食器セット

上記画像はイメージで、本文とは関係ありません 

生後5ヶ月ごろからの離乳食。
我が家は初めての子供でいったい何から揃えればいいのか分からず、そのときに評価の高かった”リッチェル Richell トライシリーズ ベビー食器セット ND-5″の商品を購入しました。

https://www.richell.co.jp/shop/baby/list/3403

この商品の良いところは、とりあえず一式揃っているというところです。
最初の離乳食のおかゆも、付属されている電子レンジおかゆクッカーで簡単に作ることができました。
付属の小さなレシピブックを見れば、10倍粥、5倍粥の作り方が載っているので、成長に合わせてこれ一つで調理することができました。
ほかにも調理器具としてめんカッターも付属されていて、めんを食べやすくカットする際に役立ちました。
刃物でなくプラスチックなので、持ち運べて外食の際にも重宝しました。

このリッチェル Richell トライシリーズ ベビー食器セット ND-5の商品にはいっている食器は全て電子レンジ対応食器なので、冷凍したおかゆやその他のおかずを解凍した後食器としてそのまま使うことができたので、パパっと食事の準備ができ洗いものも少なく済むのが良かったです。
しかも食器も電子レンジおかゆクッカーもとてもシンプルなデザインなので洗いやすく、食洗機にも対応していて、消毒も電子レンジ、薬液、煮沸どれでも可能なので食器の衛生管理も楽です。
離乳食を子供に食べさせる際に使うスプーンも長いものと短いものがあり使い分けることができます。
我が家では自宅で食べさせる際は、食べさせやすい長いスプーンを使い、短いスプーンは持ち運び用に使用していました。

スプーンも口当たりが柔らかい素材でできているので、うちの子供にはそれが合ったらしく、すぐ上手に食べ出すことができ、離乳食の進み具合も優秀な方だったと思います。
自分で持って食べ出す用にもスプーンとフォークが別にあって、グリップのところも子供が握りやすいデザインなになっています。

ケースも付いているので、衛生的に持ち運びしやすく便利です。
お椀型の容器はフタ付きなので、解凍に使うとき以外にも、外出時のお弁当箱としても利用できました。
またプレートタイプの食器は、ひっくり返し防止や滑りにくくするために、吸盤が付属されています。
ちょっと目を離した隙に食器をひっくり返してしまうような事態を防いでくれるこの吸盤には本当に助けられました。

また食べる際にこの吸盤を使って固定していないとスプーンやフォークですくう際に食器が動いてしまうので一人で食べづらいんです。
この吸盤のおかげで少しぐらい放っておいても一人で上手に食べすすめてくれました。
しかも食器と取り外しができるので洗いやすくなっています。
付属されているコップでマグという商品もかなり優れもので、はじめてのストロー飲みの練習に役立つ商品です。

まだ吸って飲み物を飲むということを知らない子供にここから飲みものが出てくることを簡単に教える工夫がされています。
その工夫とは、マグのフタを抑えると、吸わなくても自然に飲み物がストローから出てきます。
そのことで子供はここから飲みものが出てくることを理解して吸いあげるようになるんです。
うちの子供はこの商品のおかげで他の同じくらいの月齢の子にくらべて、マグデビューが早かったように思います。

ストロー飲みが苦手なお友達の子供に、この商品をオススメしてみたら、すぐに上達できたといっていたので効果は抜群だと思います。
持ちても持ちやすいので、現在2歳になりますが、コップ飲みのトレーニングとしてもこのマグを利用しています。
さまざまな離乳食用の食器セットが売られていますが実際使ってみて付属されている商品すべて使えるものだったので、とても計算されたセットだと感じています。

https://www.richell.co.jp/shop/baby/list/3403

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でパパ総合研究所をフォローしよう!

友だち追加 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ